流通業界の新しいEDI標準規約「流通BMS」とは…

「流通BMS(ビジネスメッセージ標準)」とは…

流通SCM(サプライチェーンマネジメント)の一環として策定された流通業界の新しいEDIガイドラインが「流通BMS(ビジネスメッセージ標準)」です。
2007年4月にVer.1.0(6業務/8種の標準メッセージ)をリリース、2009年10月にはVer.1.3(グロサリー、アパレル、生鮮の統合)がリリースされるなど、対象業種/業態に応じた業務メッセージの作成/更新が進んでいます。ここでは、そんな流通BMSの概要についてわかりやすくご紹介いたします。(2014年5月更新)

現状の流通EDIの主な問題点

現在の流通EDIを支えているのが、1980年に制定されたJCA手順を始めとするレガシーEDIです。四半世紀以上に亘り利用され続け、業界のスタンダードとなっています。一方で、ITの進化などに伴って下記のような問題点がクローズアップされており、流通BMS策定の動機にもなっています。

メッセージフォーマットが業界不統一

JCAで受発注のフォーマットは標準化されているが、他の業務については小売業者の個別運用となっており、卸売業者は取引先ごとにシステム投資/業界対応が必要となっている。

通信インフラが公衆回線

JCA手順では公衆回線が通信インフラであり、近年のインターネット回線と比較した場合通信速度が遅い(2,400bps/9,600bps)上、都度通信料金が発生しコスト負担も大きい。

固定長形式によるデータ表現の限界

主流のデータ形式である固定長(JCA)ではデータ1件の長さが限られており、メッセージの仕様変更が難しい(新たな項目を追加できない)。また漢字や画像が送れない。

流通BMSの標準化ポイント

流通BMSの標準化のポイントは下記の通りです。業務メッセージの標準化とインターネットEDIの採用が大きなポイントとなります。また海外との取引なども視野に入れ、国際標準規格が積極的に取り入れられています。

【Point1】EDI通信の規定

  • 通信基盤にインターネット環境を規定。高速 (光ファイバーの場合 100Mbps)かつ安価(定額料金により常時接続時のコストパフォーマンスが高い)な通信が可能です。
  • 通信手順は、次世代EDIの国際規格に準拠(JX手順AS2手順ebXML MS手順)しています。

    <次世代EDI通信規格の特徴>
    項目 JX手順(SOAP‐RPC) EDIINT AS2(V.1.1) ebXML MS(V.2.0)
    システム形態 クライアント/サーバー型(PULL方式) サーバー/サーバー型(PUSH方式) サーバー/サーバー型(PUSH方式)
    1取引データ推奨量 10MB(約1万明細)未満 10MB(約1万明細)以上 10MB(約1万明細)以上
    こんなEDIニーズに 取引量が少なく、低コストでインターネットEDIを実現したい企業向け 取引量が多く、リアルタイム処理を実現したい企業向け 取引量が多く、リアルタイム処理を実現したい企業向け
    詳細は「流通BMS規定の次世代EDI通信プロトコル比較」をご覧ください。

【Point2】EDIメッセージの規定

  • メッセージの拡張性/柔軟性の考慮し、データ形式には国際標準の可変長XMLが規定されています。
  • 識別コードとして、国際標準のGTIN(14桁の商品識別コード)、GLN(13桁の企業識別コード)を推奨しています(現在利用されている商品識別用のJANコードや企業識別用の小売コードも利用可)。
  • 業種別に各業務メッセージ(発注/出荷/受領/返品/請求/支払など)とデータ項目(発注日/商品コード/取引先コード/店舗コード/発注数量/出荷数量など)が統一化されています。

流通BMSのシステムイメージ

流通BMSに基づくシステムのイメージは下記の通りです。次世代EDI通信機能、標準フォーマットと自社フォーマットとのデータ変換機能などの実装が必要となります。

流通BMSの導入効果

現行流通EDI(JCA手順)と比べた場合の流通BMSの導入効果は下記の通りです。業務メッセージの業界統一によるサプライチェーン全体の効率化に加え、伝票レス/請求レスの実現による業務改善なども想定されています。

1.集配信におけるコストや時間を短縮

通信インフラが公衆回線からインターネットに切り替わることで、通信コストの低減や送信時間の短縮、通信の安定性向上、大量データの送受信が可能となる。
これにより、発注の締めを従来よりも後倒しでき、発注精度の向上につながったり(小売サイド)、あるいは出荷業務に余裕ができ、出荷精度の向上につながったり(卸・メーカーサイド)といった効果が期待できる。

2.業務メッセージの統一により、取引先ごとのシステム改変負荷を軽減

現状、小売側の個別フォーマットとなっている業務メッセージが標準化され、卸売側のシステム改変作業が大幅に軽減される。加えて流通BMSへの切り替えに伴い、影響のある業務の変更点をまとめた "共通確認シート" やメッセージごとに新旧のデータ項目の対比を示した "マッピングシート" などが用意され、取引先追加時における小売/卸売双方のシステム仕様に関する打合せ作業の負担も軽減される。

3.伝票レス/請求レス/検品レスの実現により運用コストを削減

業務プロセスの規定により、発注→出荷→受領の履歴を受領メッセージに記録。受領メッセージを取引双方が商品売買の証憑とすることで伝票レスおよび請求レスが可能となり、伝票代や発行費用などのコスト削減を実現できる。
配送前に通知する出荷情報(ASNメッセージ)と各梱包に貼付された識別情報(SCM ラベル)を活用し、検品作業の省力化(検品レスSCMラベルのバーコードを読み取るだけ)も実現可能。

流通BMSの導入状況

流通BMS協議会の発表によると、2017年1月現在で10,100社以上の卸・メーカーが既に流通BMSを導入(そのうち202社が社名を公開)しています。
また、小売企業については174社が流通BMS導入企業として社名を公開しています。中堅、中小の小売やその取引先となる卸・メーカーは、まだまだ導入検討中の企業もあり、今後さらに大きな普及が見込まれています。

社名が公開された流通BMS導入企業一覧(小売/2017年1月4日現在)

1.スーパー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
北海道 ㈱アークス 予定 東京都 ㈱東急ストア 大阪府 ㈱ショッピングセンター池忠
イオン北海道㈱ ㈱トップ ㈱スーパーサンエー
マックスバリュ北海道㈱ ㈱ニューヤヒロ ㈱マルシゲ
岩手県 イオンスーパーセンター㈱ ㈱花正 予定 ㈱万代 予定
㈱スーパーマーケットマルイチ ㈱保土田 兵庫県 ㈱主婦の店 赤穂店 予定
宮城県 ㈱ウジエスーパー 予定 ㈱マルエツ 予定 ㈱三杉屋 予定
宮城県マックスバリュ南東北 ㈱マルマンストア 和歌山県 ㈱オークワ
秋田県 マックスバリュ東北㈱ ㈱三浦屋 ㈱サンキョー
よねや商事㈱ ㈱三越伊勢丹フードサービス ㈱松源
山形県 ㈱たかき
㈱ヤマイチ 島根県 ㈱キヌヤ
㈱ヤマザワ 予定 ㈱ライフコーポレーション 島根県農業協同組合ラピタ
福島県 ㈱鎌倉屋 神奈川県 ㈱小田原百貨店 ㈱みしまや
わしお㈱ ㈱成城石井 岡山県 ㈱マルイ
茨城県 ㈱カスミ 予定 ㈱たまや 広島県 ㈱イズミ
㈱かわねや ㈱やまか ㈱Aコープ西日本
㈱サンユーストアー 百合ヶ丘産業㈱ ㈱三和ストアー
㈱スーパーマルモ ㈱ロピア ㈱ニチエー
㈱セイミヤ 新潟県 ㈱魚栄商店 ㈱ハローズ
㈱結城ショッピングセンター ㈱カワマツ ㈱藤三
栃木県 ㈱ダイユー 石川県 ㈱鍛冶商店 ㈱フレスタ
㈱ヤオハン マックスバリュ北陸㈱ マックスバリュ西日本㈱
群馬県 ㈱フレッセイ 予定 ㈱マルエー 予定 山口県 ㈱中央フード
㈱ベイシア 福井県 ㈱かじ惣 ㈱丸久
埼玉県 ㈱ベルク (協組)ハニー 徳島県 ㈱オオキタ
㈱マミーマート ㈱ユース 香川県 ㈱マルナカ
㈱ヤオコー 長野県 マックスバリュ長野㈱ 愛媛県 ㈱大見屋
㈱ヤオヨシ ㈱マツヤ ㈱セブンスター
㈱与野フードセンター 岐阜県 ㈱バロー ㈱波止浜スーパー
千葉県 イオンリテール㈱ ㈱ファミリーストアさとう ㈱フジ
㈱おどや 静岡県 ㈱ヒバリヤ 高知県 ㈱くりはら
㈱尾張屋 愛知県 えぷろんフーズ㈱ ㈱サンプラザ
㈱セレクション ㈱カネスエ ㈱末広
㈱ナリタヤ ㈱キシショッピングセンター ㈱土佐山田ショッピングセンター
マックスバリュ関東㈱ ㈱清水屋 福岡県 イオン九州㈱
東京都 ㈱イトーヨーカ堂 マックスバリュ中部㈱ ㈱Aコープ九州
㈱いなげや ㈱ヤマナカ ㈱トライアルカンパニー
㈱エコス ユニー㈱ ㈱西鉄ストア
㈱エネルギースーパーたじま ㈱義津屋 マックスバリュ九州㈱
㈱Olympicグループ 予定 三重県 ㈱一号館 長崎県 ㈲つばき屋
サミット㈱ ㈱ぎゅーとら ㈱東美
㈱サンベルクス 滋賀県 ㈱フタバヤ 大分県 ㈱サンライフ
㈱信濃屋食品 ㈱平和堂 鹿児島県 ㈱大丸
㈱島田屋 京都府 ㈱なかむら ㈱タイヨー
㈱スーパーアルプス 大阪府 イズミヤ㈱ 沖縄県 イオン琉球㈱
㈱スーパーいずみ ㈱近商ストア ㈱サンエー
(同)西友 ㈱京阪ザ・ストア 予定 ㈱丸大
㈱ダイエー ㈱光洋 ㈱リウボウストア
スーパーには、総合スーパー、食品スーパー、スーパーセンターなどの業態が含まれます。

2.百貨店

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
栃木県 ㈱福田屋百貨店 東京都 ㈱丸井 岡山県 ㈱岡山髙島屋
群馬県 ㈱高崎髙島屋 岐阜県 ㈱岐阜髙島屋 福岡県 ㈱井筒屋 予定
東京都 ㈱小田急百貨店 大阪府 ㈱髙島屋 ㈱コレット井筒屋 予定
㈱そごう・西武 鳥取県 ㈱米子髙島屋  

3.ドラッグストア

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
岩手県 ㈱薬王堂 神奈川県 ㈱カメガヤ 兵庫県 タキヤ㈱
宮城県 ㈱ダルマ薬局 石川県 ㈱クスリのアオキ 岡山県 ㈱ザグザグ
㈱マツモトキヨシ東日本販売 山梨県 ㈱イタヤマメディコ ㈱マツモトキヨシ中四国販売
群馬県 ㈱クスリのマルエ 長野県 ㈱マツモトキヨシ甲信越販売 ㈱ラブドラッグス
埼玉県 ㈱トウブドラッグ 岐阜県 中部薬品㈱ 山口県 ㈱岩崎宏健堂
千葉県 ㈱マツモトキヨシ ㈱ユタカファーマシー 福岡県 ㈱マツモトキヨシ九州販売
東京都 ㈱ウェルパーク 愛知県 杉浦薬品㈱  
㈱トモズ ㈱スギヤマ薬品
㈱ぱぱす 大阪府 弘陽薬品㈱

4.ホームセンター

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
青森県 ㈱サンデー 埼玉県 ㈱LIXILビバ 新潟県 ㈱コメリ
群馬県 ㈱カインズ  

5.生協事業連合

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
愛知県 東海コープ事業連合 広島県 コープ中国四国事業連合 福岡県 コープ九州事業連合
大阪府 コープきんき事業連合  

6.倉庫型会員制ストア

本社所在地 企業名 導入状況  
神奈川県 コストコ ホールセール ジャパン㈱  

7.ボランタリーチェーン本部

本社所在地 企業名 導入状況  
東京都 全日本食品㈱  

8.ディスカウントストア

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
静岡県 ㈱マキヤ 福岡県 ㈱ミスターマックス 大分県 タックスマー 予定
兵庫県 ヒラキ㈱  
出典 - 流通システム標準普及推進協議会 発表資料

社名が公開された流通BMS導入企業一覧(卸・メーカー/2017年1月4日現在)

1.食品・飲料卸

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
北海道 シュレン国分㈱ 神奈川県 神奈川国分㈱ 兵庫県 兵庫国分㈱
㈱スハラ食品 新潟県 新潟国分㈱ 島根県 山陰国分㈱
日本アクセス北海道㈱ ㈱新潟リョーショク 岡山県 東中国国分㈱
㈱北海道リョーショク 富山県 富山ヤクルト販売㈱ 藤徳物産㈱
青森県 丸大堀内㈱ 北陸中央食品㈱ 広島県 サンリック国分㈱
宮城県 東北国分㈱ 石川県 カナカン㈱ 山口県 西中国国分㈱
山形県 ㈱山形丸魚 ㈱北陸リョーショク 香川県 四国国分㈱
福島県 ㈱福島リョーショク 福井県 北陸国分㈱ ㈱四国リョーショク
ボーキ佐藤㈱ 長野県 ㈱マルイチ産商 高知県 旭食品㈱
栃木県 関東国分㈱
岐阜県 ㈱岐阜リョーショク 福岡県 コゲツ産業㈱
埼玉県 ㈱関東リョーショク 静岡県 ヤマキ㈱ ヤマエ久野㈱
千葉県 アサ・フナショク㈱ 愛知県 ㈱昭和 長崎県 長崎国分㈱
東京都 国分㈱ ㈱トーカン 大分県 大分国分㈱
国分フードクリエイト東京㈱ 三重県 東海国分㈱ ㈱大分リョーショク
東京国分㈱ 大阪府 ㈱飯田 鹿児島県 南九州国分㈱
㈱ナックスナカムラ 伊藤忠食品㈱  
㈱日本アクセス ゴールドエッグ㈱
日本酒類販売㈱ 三陽物産㈱
廣屋国分㈱ ヤタニ酒販㈱
三井食品㈱ 兵庫県 加藤産業㈱
三菱食品㈱ ㈱ヒメカン

2.菓子卸

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
北海道 ㈱ナシオ 静岡県 ㈱大黒屋 鳥取県 えびす本郷㈱
栃木県 ㈱関口 予定 愛知県 ㈱正直屋 広島県 ㈱外林
東京都 国分菓子㈱ 杉秀コンフェックス㈱ ふたばコンフェックス㈱
コンフェックス㈱ ㈱種清 福岡県 ㈱イシカワ
㈱ハセガワ 京都府 ㈱相互 熊本県 ㈱木村
㈱美多加堂 大阪府 ㈱エヌエス 大分県 ㈱大島屋
新潟県 ㈱清野屋 ㈱山星屋 鹿児島県 セイカ食品㈱ 予定
田代コンフェックス㈱ 横山㈱ 予定  
岐阜県 ㈱桑名屋 兵庫県 播磨物産㈱ 予定

3.日用品・化粧品 卸・メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
宮城県 ㈱東流社 東京都 ㈱コーセー 大阪府 ㈱Paltac
埼玉県 ㈱麻友 資生堂販売㈱ ピップ㈱
千葉県 ㈱あらた 中央物産㈱ 兵庫県 エコートレーディング゙㈱
伊藤秀商事㈱ ㈱東京堂 ハリマ共和物産㈱
㈱冨田屋商店
㈱ときわ商会 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン㈱
東京都 ㈱井田両国堂 ㈱柳屋 長崎県 長崎共和㈱
㈱エーアンドティー 石川県 ㈱トゥディック 大分県 大分共和㈱
花王グループカスタマーマーケティング㈱ 長野県 ㈱イシザワ
沖縄県 アサヒ化粧品販売㈱
㈱カネボウ化粧品 三重県 元三㈱  

4.医薬品 卸・メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
東京都 アルフレッサヘルスケア㈱ 東京都 東邦薬品㈱ 福岡県 ㈱リードヘルスケア
㈱大木 愛知県 興和㈱ 沖縄県 ㈱琉薬
佐藤製薬㈱ 予定 中北薬品㈱ 予定  

5.アパレル・靴・スポーツ用品 卸・メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
宮城県 弘進ゴム㈱ 東京都 ヘインズブランズジャパン㈱ 愛知県 クロスプラス㈱
東京都 アディダスジャパン㈱ 三鈴商事㈱ 京都府 ㈱ワコール
オーロラ㈱ ㈱レナウン 大阪府 ㈱アズ
㈱オンワード樫山 ㈱アマガサ 予定 グンゼ㈱
㈱クロスロード イギン㈱ 予定 シウラスポーツ用品㈱
㈱ゴールドウイン 大塚製靴㈱ 予定 住金物産㈱
㈱三陽商会 ㈱オギツ 山喜㈱
昭和ドレス㈱ ㈱サンエー・インターナショナル 予定 ㈱ジョイックスコーポレーション 予定
㈱東京ソワール ㈱ツカモトコーポレーション ヒロウン㈱ 予定
トモエ商事㈱ ㈱フェニックス 予定 ミズノ㈱
トリンプ・インターナショナル・ジャパン㈱ 神奈川県 アツギ㈱ 兵庫県 ㈱アシックス
㈱ナイガイ 岐阜県 ㈱水甚  
ブルーミング中西㈱ ラブリークィーン㈱ 予定

6.食品メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
岩手県 銀河フーズ㈱ 東京都 マルハニチロ㈱ 愛知県 ㈱丸越
茨城県 タカノフーズ㈱ 森永乳業㈱ 大阪府 恩地食品㈱
栃木県 滝沢ハム㈱ ㈱モンテール ㈱神戸屋
群馬県 JA高崎ハム㈱ ㈱ヤクルト本社 日本ハム㈱
富士食品工業㈱ 山崎製パン㈱ 丸大食品㈱
東京都 ㈱紀文食品 神奈川県 日本農産工業㈱ 兵庫県 伊藤ハム㈱
JA全農ミートフーズ㈱ 新潟県 越後製菓㈱ 和歌山県 築野食品工業㈱ 予定
スターゼン㈱ 長野県 信州ハム㈱ 広島 三島食品㈱
㈱東京凬月堂 静岡県 米久㈱ 福岡県 ㈱九食 予定
プリマハム㈱ 愛知県 東海漬物㈱ 鹿児島県 ㈱いわきり
㈱ママダ商店 ㈱富匡  

7.家庭用品 卸・メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
東京都 貝印㈱ 富山県 ㈱リッチェル 大阪府 象印マホービン㈱
コラムジャパン㈱ 岐阜県 リス㈱ 予定 兵庫県 ㈱ヒメプラ
㈱ジェムコ 愛知県 ㈱G.R.S.
和歌山県 ㈱アイセン
㈱吉安 ㈱藤栄  

8.包装資材・副資材 卸・メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
埼玉県 中央化学㈱ 石川県 ㈱七宝商事 予定 岡山県 岡山食品容器㈱
千葉県 エフピコインターパック㈱ 福井県 北陸デラップス㈱ 予定 広島県 ㈱石田商店
東京都 ㈱オカベ 岐阜県 リスパック㈱ 予定 ㈱エフピコ
オカモト㈱ 愛知県 ㈱折兼 山口県 ㈱ブンシジャパン
㈱石本 予定 ㈱種清 福岡県 ㈱アペックス
タツミ産業㈱ 予定 折武㈱ 予定 日野出㈱
テンタック㈱ 大阪府 オルディ㈱  
神奈川県 ㈱関口商事 島根県 ㈱タカハシ包装センター 予定

9.玩具・ホビー 卸・メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況
東京都 石川玩具㈱ 東京都 ㈱ハピネット 東京都 ㈱ユーエース

10.家電 卸・メーカー

本社所在地 企業名 導入状況 本社所在地 企業名 導入状況  
群馬県 吉井電気㈱ 東京都 ㈱オーム電機  

11.その他 卸・メーカー

業種 企業名 導入状況 業種 企業名 導入状況  
物流機器 ㈱ナンシン(東京都) 介護用品 ㈱幸和製作所(大阪府)  
出典 - 流通システム標準普及推進協議会 発表資料

お問い合わせ・資料請求

インターコムの流通BMS対応EDIパッケージ


流通BMS、流通ビジネスメッセージ標準は、一般財団法人流通システム開発センターの登録商標です。
▲