動作環境

Biware JXクライアント

OS Windows Server 2012 R2※1,2
  • Standard
Windows Server 2012※1,2
  • Standard
Windows Server 2008 R2※1,2
  • Standard(SPなし/SP1)
  • Enterprise(SPなし/SP1)
Windows Server 2008※2,3
  • Standard(SPなし/SP1/SP2)
  • Enterprise(SPなし/SP1/SP2)
Windows 10※1,4
  • 10 Home
  • 10 Pro
  • 10 Enterprise
Windows 8.1※1,4
  • 8.1(with Bingを含む)
  • 8.1 Pro
  • 8.1 Enterprise
Windows 8※1,4
  • 8
  • 8 Pro
  • 8 Enterprise
Windows 7※1,4
  • Ultimate(SPなし/SP1)
  • Enterprise(SPなし/SP1)
  • Professional(SPなし/SP1)
  • Home Premium(SPなし/SP1)
Windows Vista※3
  • Ultimate(SP2のみ)
  • Business(SP2のみ)
  • Home Premium(SP2のみ)
  • Home Basic(SP2のみ)
日本語版のみ対応します。
※1 64ビット版は、Windows on Windows 64(WOW64)にて動作します。
※2 「GUIモード」のみ対応します。
※3 32ビット版のみ対応しています。
※4 32ビット版および64ビット版に対応しています。
コンピューター本体 CPU:Pentium 4 2GHz相当以上
メモリ 1GB以上(推奨2GB以上)
ハードディスク 50MB以上の空き容量(インストール時)
通信プロトコル JX手順(クライアント)、BACREX手順(クライアント)
開発言語
  • Visual Basic .NET
  • Visual C++ .NET
  • Visual C# .NET
その他
  • 通信頻度や通信ファイルサイズによって、上記各推奨値が異なる場合があります。
  • .NET Framework Version 2.0以上が必要です(本商品には.NET Framework Version 2.0がバンドルされています)。
  • インターネットへの接続環境が必要です(本商品のご使用に際して、インターネットを利用したライセンス認証を行います)。
  • 仮想化環境への対応については、こちらをご覧ください。
  • 「Biware BACREX手順オプション」も本動作環境にてご利用いただけます。



流通BMS対応システムを1パッケージで実現 Biware JXクライアンント(流通EDI)

「Biware JXクライアント(機能限定版)」と「Biware EasyExchange(機能限定版)」をセット収録。EDI通信(JX手順)からメッセージ変換まで、流通BMSに関連する機能を厳選して収録したEDI統合管理パッケージです。

さらに詳しく

JX手順とBACREX手順による取引を一元管理 Biware BACREX手順 オプション

標準機能のJX手順(クライアント)にBACREX手順(クライアント発注型)を追加する通信オプションです。JX手順とBACREX手順の併用システムに最適です。
BACREX手順とは、インターネットを利用したファイル送受信型のEDI通信手順です。詳細は開発元である株式会社サイバーリンクスのWebサイトをご覧ください。

インターネットEDIシステム「BACREX」さらに詳しく



JX手順EDI通信ミドルウェアの詳細資料ダウンロード
× 今日は表示しない
▲