機能

Webクライアント

一般ユーザー向け機能(FAX送受信機能)と管理者向け機能(システム設定 / 回線処理モニター / システム情報 / バックアップ / ライセンス管理など)をWebブラウザーから使用できます。ログインユーザーごとに使用できる機能を制限できます。

タブレットは、機種によって一部使用できない機能があります。

FAX機能

ペーパーレスFAX送受信

自席のWebブラウザーでFAX送受信ができます。WordやPDFファイルを使用してFAX原稿を作成、送信が可能です。

送受信履歴の管理(送受信ログ)

送受信ログを一覧表示して管理できます。

送受信ログの検索

期間や項目などの複数の条件を指定して送信ログ、受信ログを検索できます。検索条件は保存できます。絞り込んだログをCSV出力できます。

作業中FAXの操作ロック(重複処理防止)

送受信ログをマーキング(作業中 / 完了)して、他のログインユーザーが処理できないようにします。

カスタム項目の追加(ステータス管理)

送受信ログにカスタム項目を追加して、処理内容や担当名などの独自のステータス管理ができます。

原稿編集(アノテーション)

受信FAXをプレビューして、任意のテキストや画像を挿入できます。注文書や見積書の返信に「定型文」や「ハンコ」を作成しておいて、繰り返し使用することができます。

グループ管理

作成したグループごとに送受信FAXを管理、共有することができます。
回線番号 / 発信者番号 / FAXID / ダイヤルイン番号を条件にして、自動で各グループへ振り分けができます。

その他の主なFAX機能

表示設定 ログの表示件数や表示項目の変更、スタートページの設定が行えます。
送受信ログのCSV出力 送受信ログをCSVファイルで保存できます。
アドレス帳 アドレス帳をユーザーごと、グループごとで管理できます。
送信先インポート 送信先データをCSVファイルでインポートして使用できます。
原稿プレビュー 送受信FAXイメージを表示できます。
予約送信 送信開始日時を指定できます。

システム設定

ユーザー設定

ユーザーを登録して、役割(管理者 / 一般ユーザー)や権限(使用機能)などを設定できます。

グループ設定

グループを作成して、所属するユーザーを設定できます。

障害通知設定

システム障害時にメールアドレスへの通知、または任意アプリケーションの起動を行うように設定できます。また、自動返信 / 自動転送 / 自動印刷 / 自動エクスポート / 送受信のエラー発生時にメールアドレスへ通知するように設定できます。

障害監視設定

データベース障害 / ディスク容量 / メモリ容量 / サーバー障害 / 回線障害の監視間隔や失敗しきい値などを設定できます。

送受信FAXの自動振り分け

送受信後のFAXイメージを回線番号 / 発信者番号 / FAXID / ダイヤルイン番号を条件にして、ユーザーやグループへ自動で振り分けます。

送受信FAXの自動エクスポート

送受信後にFAXイメージを指定フォルダーにPDFまたはTIFF形式(マルチ / シングルページ)で保存できます。

受信FAXの受け取り通知(自動返信)

受信FAXの受け取り通知を自動で相手先FAX番号などの条件を指定して送信できます。

受信FAXの自動転送

受信FAXをメールアドレスやFAX番号へ転送できます。

受信FAXの自動印刷

受信したFAXを指定したプリンターで自動出力できます。印刷時に受信日時や相手先FAX番号をフッター / ヘッターに印字できます。

自動ログ削除

各種ログ(受信 / 送信 / 操作 / 障害 / バックアップ)の保存期間や削除時間を設定できます。削除したログは指定フォルダーへ移動できます。

その他の主なシステム設定

差出人設定 差出人情報 / FAXヘッダー / FAXフッター / 送付状の設定ができます。
FAX送信設定 リトライ回数や間隔などを設定できます。
その他設定 連携設定、メールアカウント設定、サーバー設定、回線設定など

回線処理モニター

回線状態の表示、ユーザー、時間帯、回線ごとの送受信件数を表示できます。

システム情報

サーバーシステム情報、バックアップ / 操作 / 障害ログなどを管理できます。各種情報はCSVファイルで保存できます。

バックアップ

設定ファイルやログファイルなど、システム全体のバックアップをスケジュール実行できます。

複合機からの送信FAXを一元管理

複合機のインターネットFAX機能を使用して、FAX原稿をメールの添付ファイルで管理サーバー宛に送ることで、「まいと~く Center Hybrid」を経由してFAX送信を行えます。紙の原稿を複合機から送る場合でも送信FAXを一元管理できます。
Webクライアントライセンスが必要です。
FAX番号を件名に指定(入力)する必要があります。

外出先でのFAX送受信

ノートパソコンやタブレットのメールソフトを使って、外出先でもFAX送受信が可能です。

タブレットは、機種によって使用できない場合があります。

メール連携FAX送信(メールの添付ファイルでFAX送信)

PDFやWordファイルを添付したメールを管理サーバー宛に送信することで、添付ファイルを原稿にして、件名に指定(入力)したFAX番号へ送信できます。
Webクライアントライセンスが必要です。

不正使用対策

事前に登録されたメールアドレスのみ利用可能です。不正なFAX送信を未然に防ぎます。

送信結果通知

FAX送信結果(成功 / 失敗)がメールで届きます。失敗の場合はエラー内容が確認できます。

受信FAXの自動転送

FAXサーバーで受信したFAXをメールアドレスや別のFAX番号へ自動転送できます。メールの添付ファイルでFAX原稿イメージをそのまま確認できます。

指定した送信元のみ転送

発信者番号やFAXID、ダイヤルイン番号を指定して、転送するFAXの絞り込みができます。重要な取引先からのFAXのみをメールで受信できます。

システム連携

様々な機能で業務システムとの連携がスムーズに行えます。

API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)連携

Web API(HTTPリクエスト)またはAPI(.NET)を使用して業務システムにFAX機能を追加できます。業務システムのユーザーインターフェイスから直接FAX送受信ができます。
「API連携キット」(オプション)の購入が必要です。「API連携キット」の詳細はこちら


アプリケーション連携実績(「まいと~く FAX」シリーズ)

  • ERP
  • CRM
  • SFA
  • CTI
  • OCRシステム
  • 帳票作成 / 電子帳票システム
  • 生産管理システム
  • 販売管理システム
  • 倉庫管理システム
など多数実績

メール連携による帳票FAX自動送信

業務システムから管理サーバー宛にメールを送信することで、添付ファイルを原稿にして、件名に指定されたFAX番号へ送信できます。

送信結果通知

FAX送信結果(成功 / 失敗)がメールで届きます。失敗の場合はエラー内容を確認できます。

CSVファイル連携(帳票FAX自動送信)

CSVファイルの受け渡しを業務システムと行うことだけで、複数の送信先へ異なる帳票を順次FAX送信するシステムを構築できます。

送信依頼用CSVファイルの一例

受信ファイルの自動エクスポート

受信FAXイメージをPDFまたはTIFFファイルへ自動変換して、指定のフォルダーへ保存できます。業務システムが管理するフォルダーへ保存することで、業務システムへの受信FAXイメージを引き渡すことができます。受信結果をCSVファイルで保存することもできます。

指定フォルダーへの振り分け

回線番号 / 発信者番号 / FAXID / ダイヤルイン番号を条件にして、エクスポート先フォルダーを変更できます。

モデム分散設置

通信ハードウェア(FAXモデム)のみをセグメントを越えて各拠点に設置できます。拠点ごとの電話番号をそのまま使用でき、一拠点集中のFAX送受信に比べて通信コストを削減できます。

1サーバー8拠点まで、SDU版のみ対応します。

ご購入前のお問い合わせ

ご不明な点はお気軽に問い合わせください。

03-3839-6340(東京)

06-4794-0151(大阪)

【受付時間】平日 ※弊社休業日除く
9:00~12:00 / 13:00~17:30

お問い合わせフォーム 評価版のお申し込み

ご購入後のお問い合わせ

ご購入後のお問い合わせは、
サポートサイトをご覧ください。

サポートサイト


2~8回線対応FAXサーバーの詳細資料ダウンロード
× 今日は表示しない