パソコンFAXソフト まいと~く(パソコン ファックス ソフト マイトーク) FAX シリーズ 総合ページ

商品の違い

各商品の主な違いは以下の通りです。詳細は各商品ページをご覧ください。
また、各商品についてのお問い合わせはこちらをご覧ください。
商品/項目 回線数 FAX ISDN 音声応答
(IVR)
冗長化 仮想化 クライアント API
(.NET)
Web
API
まいと~く Center 4~72 スーパーG3 / G3 直接収容※1
(INSネット64 / INSネット1500)
× ※2 ※3

(Webクライアント)
※2 ※2
まいと~く Center Hybrid 2~8 G3のみ TAのアナログポート経由 × × ※3

(Webクライアント)
※2 ※2
まいと~く Voice FAX Center 2~16 G3のみ TAのアナログポート経由 × ×

(専用クライアントソフト)
×
まいと~く FAX Server 7 2~8 G3のみ TAのアナログポート経由 × × ※3

(高機能専用クライアントソフト)
※2 ×
まいと~く FAX 9 Pro 1 G3のみ TAのアナログポート経由 × × × スタンドアローン型※4 ※2 ×
※1 各INS64版 / INS1500版で対応します。
※2 オプションです。
※3 一部の商品ラインアップ / 仮想化環境で対応します。
※4 簡易的なクライアント / サーバー システム(SOHO機能)が使用できます。
商品ラインアップ
商品の違い
アプリケーション連携(API)
ダウンロード
サポート情報
便利な活用方法 -ビジネス編-
初心者のページ
まいと~くの歴史
お問い合わせ
▲