プレスルーム

ニュースリリース

2012年5月29日

バッテリを約64%※1長持ちさせるAndroid端末用アプリ
「MiracleBATTERY」を米国市場へ向けて販売開始

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:高橋啓介)は、Android端末の電池消費の節約や不要データ、各種履歴のクリーニングを行うメンテナンスアプリの英語版「商品名:MiracleBATTERY」を開発、Androidスマートフォン向けに2012年5月28日(月)から米国Google Playにて3.99ドルで販売を開始しました。また、無料で30日間使用できる「商品名:MiracleBATTERY Free」の提供も同日開始しました。「MiracleBATTERY」は、今後Kindle Fireへの対応を予定しています。

 「MiracleBATTERY」メイン画面
「MiracleBATTERY」操作画面

「MiracleBATTERY」は、1つのアプリで「電池管理」「クリーナー」「アプリ管理」の3つの機能を揃え、ボタン操作だけでAndroid端末のメンテナンスを簡単に行うことができる大変優れたアプリです。日本では「SuperMobile Utilities」の商品名で提供、2012年2月16日の販売開始から約2か月で約3万ダウンロード以上を記録し、Google Play(日本)の人気ランキング(有料版)のツールカテゴリで第1位(2012年4月)となるなど、非常に高い評価を獲得しています。

多くのダウンロードへと繋がりましたスマートフォンユーザーの“バッテリ使用時間を長くしたい”という悩みは全世界共通です。「SuperMobile Utilities」の発売で得た弊社のノウハウを活かし、日本だけでなく米国の方々が快適なスマートフォンライフを送られるように、英語版アプリ「MiracleBATTERY」の提供を開始しました。
また、近年スマートフォンの普及が飛躍的に進んでいる米国ではツールアプリの需要が非常に大きくなっています。Google Playのツールアプリダウンロード数の国別比率では、第1位の米国が約30%(2012年5月)を占め、3位の日本の約13%を大きく引き離しています。このように米国においては日本よりもさらに大きな市場が見込まれています。

※1日本語版アプリ「SuperMobile Utilities」での測定結果。 スクリーンオフの状態で端末を放置し、バッテリ残量が100%から80%になるまでの時間をおまかせ節電機能使用時と未使用時でそれぞれ測定。測定端末は、GALAXY NEXUS SC-04D。本測定結果は一例であり、Android端末の性能や環境によって効果は異なります (2012年1月 弊社調べ)。

「MiracleBATTERY」の機能説明

1.「電池管理」機能

Wi-Fi、Bluetooth、自動同期、バックライト、画面の明るさなどバッテリを消費する各種設定を1ボタンで一斉に節電モードに切り替える“おまかせ節電”機能を搭載しています。さらに設定をカスタマイズして時間帯や曜日で節電モードのオン・オフを自動で切り替えることも可能です。その他、現在の電池残量で可能な連続通話時間、連続待受時間のリアルタイム表示など端末の電池を管理するための各種機能を搭載しています。  効果の一例として、本アプリの“おまかせ節電”機能を利用することで、実行前と比べて端末のバッテリ連続使用時間の約64%アップを実現しました。

2.「クリーナー」機能

メモリ上に残っている不要なタスクデータや電話発着信履歴、インターネット閲覧履歴などを一斉にクリーニングできます。不要な履歴を削除することで端末の動作を軽快にします。

3.「アプリ管理」機能

インストールしているアプリを一覧で表示し、一斉にアンインストールを行うことができます。また、各アプリのデータ容量や最終の起動日も表示されるので、バッテリの消費に影響を与えているアプリや不要なアプリの把握に便利です。

商品概要 / 販売スケジュール

商品名 MiracleBATTERY
価格 3.99ドル
発売日 2012年5月28日(月)
対応端末 Android OS 4.0/2.3/2.2
商品画像

本商品に関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 東日本営業部 流通営業グループ
TEL:03-3839-6341

本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 マーケティング部 広報宣伝グループ
豊田(とよた)、澤田(さわだ)
TEL:03-3839-6775

掲載している情報は、発表日時点のものになります。
▲