プレスルーム

ニュースリリース

2013年3月27日

インターコムの情報漏洩対策+IT資産管理サービス「MaLion Cloud」が
リコージャパンのクラウドサービス「リコーワンストップくらうど」で販売開始

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:高橋啓介)が開発した情報漏洩対策およびIT資産管理ツールのクラウドサービス「MaLion Cloud(マリオンクラウド)」が、リコージャパン株式会社様(本社:東京都中央区、社長執行役員:佐藤邦彦様)が提供する中堅・中小企業向けクラウドサービス「リコーワンストップくらうど」のサービスメニューに選定され、2013年3月27日から販売開始となりました。

クラウドサービスは、月々の低額な料金のみでソフトウェアの利用を手軽に開始でき、オンプレミス型(自社運用型)のソフトウェアでは必要となるサーバーやソフトウェア自体の購入が不要となります。また、システムの維持・管理も不要となるため、専任のシステム管理者を置く必要がありません。情報システムを新たに導入しようとする中堅・中小企業にとって、クラウドサービスは魅力的な選択肢となっています。

「リコーワンストップくらうど」は、このような中堅・中小企業のIT活用および業務改善に最適なサービスだけを厳選し、リコージャパン様が代理販売を行うクラウドサービスの総称です。今回、情報漏洩対策とIT資産管理の両方に必要な機能を揃え、日々の運用を行う担当者様の負担を軽減する管理ツールを備えている「MaLion Cloud」が、「リコーワンストップくらうど」の採用基準を満たしていると認められ、サービスメニューに登録されました。

インターコムは、中堅・中小企業のおける情報漏洩対策およびIT資産管理の効率的な運用を支援していくために、「リコーワンストップくらうど」における「MaLion Cloud」の販売プロモーションをリコージャパン様と一体となって推進していきます。

「MaLion Cloud」について

「MaLion Cloud」は、企業内に点在しているPC、サーバー、その他IT機器を一元管理して情報漏洩対策とIT資産管理の両方を実現するWindowsおよびMac対応のクラウドサービスです(2012年10月11日サービス開始)。USBメモリの使用、Webアクセス、送信メール、プリンター印刷など、個人情報や機密情報の漏洩につながる従業員の様々なPC操作に対して、操作を禁止したり、操作ログを収集したりできます。SAM(ソフトウェア資産管理)を支援する各種台帳機能を搭載しており、IT資産管理の機能も充実しています。

<主な特長>

  1. 直感的に操作できる画面構成やPCを遠隔操作できるリモコンを搭載し、管理者の負担を軽減。
  2. WindowsとMacの両方を一元管理でき、漏れのない徹底したクライアント端末管理を実現。
  3. USBメモリやWebアクセス、印刷の禁止など、同種サービスと比べて操作制限機能が充実。
  4. IT資産の棚卸からライセンス過不足の是正まで、組織のSAM運用を支援する機能が充実。
「MaLion Cloud」に関する詳細は下記Webサイトをご覧ください。

「MaLion Cloud」システム概念図

関連URL

「リコーワンストップくらうど」Webサイト(「MaLion Cloud」紹介ページ) 「MaLion Cloud」Webサイト 「MaLion Cloud」紹介ムービー

本商品に関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 MaLion営業部 MaLion営業グループ
TEL:03-3839-6769

本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 マーケティング部 広報宣伝グループ 澤田(さわだ)、山中(やまなか)
TEL:03-3839-6775

掲載している情報は、発表日時点のものになります。