プレスルーム

ニュースリリース

2013年9月13日

JX手順とBACREX手順※1の2つのクライアント手順を一元管理。
EDIシステム「Biware JXクライアント」にアドオンできる
BACREX手順オプションを販売開始!

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:高橋 啓介)は、インターネットEDIのJX手順(クライアント側)に対応するEDI 通信ソフトウェア「Biware JXクライアント(バイウェア ジェイエックスクライアント)」に、同じくインターネットを利用したEDIとして高いシェアを誇る株式会社ニュートラル(本社:北海道札幌市、代表取締役CEO:川辺春義)のインターネットEDIシステム「BACREX※1」「BACREX-R※1」に接続できる「BACREX手順(クライアント発注型)」の機能を追加するためのオプション「Biware BACREX手順オプション(バイウェア バクレックステジュンオプション)」を、2013年9月17日(火)に販売開始します。

「Biware BACREX手順オプション」は、BACREX / BACREX-Rの各種メッセージデータを送受信することで取引業務を行うBACREX手順(クライアント発注型)を使用するためのオプションです。作成した取引データを自動的に送受信できるため、Web EDI※2と異なり、手入力の作業を必要とせずにEDIを実行できます。
今回、「Biware JXクライアント」のオプションとして「Biware BACREX手順オプション」をラインアップしたことで、JX手順とBACREX手順の2つのクライアント手順を同一システム上で一元管理することが可能となります。


「Biware JXクライアント」ポジショニングマップ

通信機能は「Biware JXクライアント」および「Biware BACREX手順オプション」、変換機能は
「Biware EasyExchange」が担うことでEDIシステムを構成します。通信と変換の両機能を搭載した
「Biware JXクライアント(流通EDI)」(対応OSなどに制限あり)もご用意しています。

JX手順は、流通業界の新しいEDIガイドラインである「流通BMS※3」で採用されている通信手順の一つです。これまで流通業界の標準手順であったJCA手順同様、クライアント側が集配信処理の起点となってサーバー側へアクセスするPULL型の通信方式を採用しています。そのため、中小規模の卸・メーカーを中心に今後大幅な普及が見込まれています。また「BACREX / BACREX-R」の開発メーカーである株式会社ニュートラルの発表によると、「BACREX / BACREX-R」を採用している小売に対して接続する卸・メーカーの数は約1万3,000社を超えており、こちらも高いシェアを誇っています。このため、卸・メーカーにとって今後しばらくはJX手順とBACREX手順の併用環境が必要となります。

今回実現した「Biware JXクライアント」と「Biware BACREX手順オプション」の併用システムは、JX手順とBACREX手順の一元管理を必要とする中小規模の卸・メーカーにとって、とりわけ有効なEDIシステムとなります。 なお本システムの特徴は、JX手順とBACREX手順を一元管理できる点のほかに下記の点が挙げられます。

「Biware JXクライアント」と「Biware BACREX手順オプション」 併用システムの特徴

<特長1> スケジュール実行とコマンドライン実行に対応し、基幹システムとの連携などを支援。

本システムでEDI業務を行う場合、手動による実行に加え、あらかじめ登録したスケジュールに沿った実行やコマンドラインからの実行などに対応しています。EDIは基幹システムの背後で動作するため、基幹システムとの連携が重要なポイントになってきます。本システムでは、基幹システムからコマンドラインでJX手順やBACREX手順の通信機能を呼び出して実行できます。

<特長2> データ変換機能を標準搭載し、総合的なEDIシステムの構築を支援。

流通BMSに関連する機能を厳選した「Biware JXクライアント(流通EDI)」では、通信機能(JX手順)に加え、データ変換機能を標準搭載しています。本パッケージでも「Biware BACREX手順オプション」を利用できますので、BACREX手順で取引したデータを基幹システムのデータフォーマットに変換できます。

<特長3> 送受信データの圧縮やSSL※4による暗号化通信に対応。通信回線の負荷軽減やセキュリティを確保。

取引データの圧縮について、BACREX手順のサーバー側では、標準でZIP圧縮/LZH圧縮/無圧縮に対応しています。クライアント側となる本システムでも、それぞれの圧縮設定に対応することでデータ容量を抑えた形での送信を実現します。また接続するBACREX / BACREX-RにSSL環境が用意されている場合、本システムでもSSL暗号化通信によるセキュリティの確保が可能となっています。

※1 「BACREX」「BACREX-R」は、株式会社ニュートラルが開発・販売を行うインターネットEDIシステムのこと。インターネットを利用したファイル送受信型のEDI(BACREX手順)とWeb EDIの双方に対応している。「BACREX」「BACREX-R」を採用する小売企業は約150社を数え、高い導入実績を誇る。
※2 Web EDIとは、インターネットを使って(原則Webブラウザーベースで)EDIを行う仕組みのこと。最低限Webブラウザーさえあれば実現できるため、比較的短時間かつ低コストで導入できる。取引の実行については、Webブラウザー上から手入力で処理を行う。

※3 流通BMS(流通ビジネスメッセージ標準)とは、日本チェーンストア協会と日本スーパーマーケット協会の共同ワーキンググループによって策定された流通業界における新たなEDIガイドラインのこと。通信手順にインターネットEDIを、データフォーマットに可変長XMLを採用している。

※4 SSLとは、インターネット上で情報を暗号化して送受信するためのプロトコルの一種のこと。

「Biware JXクライアント」と「Biware BACREX手順オプション」 併用システムの概念図

商品概要 / 販売スケジュール

商品名 Biware BACREX 手順オプション
価格

52,500円 (税込)

ソフトウェア本体+保守サポートサービス(1年)のセット商品です。
「Biware JXクライアント」および「Biware JXクライアント(流通EDI)」のオプション商品です。単体販売は行っていません。

【参考価格(ソフトウェア本体+保守サポートサービス/1年)】

  • Biware JXクライアント : 98,175円 (税込)
  • Biware JXクライアント(流通EDI) : 178,710円 (税込)
  • Biware EasyExchangeスタンダード版 : 181,125円 (税込)
発売日 2013年9月17日(火)
商品情報ホームページ
商品画像

会社概要

株式会社インターコム

設立 1982年6月8日
代表取締役社長 高橋啓介
資本金 8,400万円
本社所在地 〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5 反町ビル
TEL 03-3839-6231(代表)
URL
事業内容 1982年の創業以来、パソコン向け通信ソフトウェア専門の研究開発型カンパニーとして、「まいと~く」 「FALCON」 「Biware」など数々の商品を生み出し、今日ではパソコン業界を通して “通信のインターコム” との評価をいただくほどになりました。近年では、企業、学校、コンシューマー向けに、通信(レガシー/インターネット)、セキュリティ、ユーティリティ関連のソフトウェア・ハードウェアソリューションの研究開発・販売、ECショップ運営などを行っております。

株式会社ニュートラルの会社概要

設立 1993年4月1日
代表取締役CEO 川辺春義
資本金 7,000万円
本社所在地 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西6丁目10番地1
TEL 011-290-5688(代表)
URL
当社概要 インターネットEDIシステムのパッケージメーカーとして業界をリードしています。他社の追随を許さない低価格政策とオープンな販売戦略をとり、製品は全国40数社の販売パートナーを通じて販売提供されています。インターネットEDIシステム「BACREX」は、2000年に開発・発売されて以来、企業規模に関わらず流通業、製造業、物流業、など幅広い業種・業態に多くの導入実績があります。さらに流通BMSに完全対応した「BACERX-R」を2012年11月に発売。特に小売業においてはその取引先であるメーカー・卸の接続数が13,000社以上にのぼり、インターネットEDIでのトップシェアを誇っています。

お問い合わせ

「Biware BACREX 手順オプション」 に関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 東日本営業部 法人営業グループ
TEL:03-3839-6240

本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 営業推進部 広報宣伝グループ 山中 弘重、澤田 季治
TEL:03-3839-6775

掲載している情報は、発表日時点のものになります。