プレスルーム

ニュースリリース

2016年3月9日

クラウド環境で業務ソフトと連携した自動FAXシステムを構築
中規模向けFAXサーバーソフト「まいと~く Center Hybrid」を新発売
PSTNからIP網への移行後も安心して使用できる長期保守サポートも提供

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:松原由高)は、業務ソフトと連携して見積書や注文書などのFAX送受信を自動化するシステムを、従来のオンプレミスに加えてクラウド(IaaS※1)環境でも構築できるハイブリッドFAXサーバーソフト「商品名:まいと~く Center Hybrid」(読み:マイトーク センター ハイブリッド)を新開発し、2016年3月25日(金)に販売開始します。

本商品は、大規模(4~72回線)向けのFAXサーバーソフト最上位版「まいと~く Center」(2014年12月発売)のアーキテクチャを引き継ぐ、新しい中規模(2~8回線)向けのFAXサーバーソフトです。IaaSでのFAXサーバー運用のほか、クライアントOS対応、Web APIでのシステム連携、ユーザービリティの向上などの強化を行っています。

システム構成イメージ

《商品の特長》

「まいと~く Center Hybrid」は、FAX機や複合機を使って“紙”でやり取りしているFAX送受信をペーパーレス化・電子化して、業務効率化とコスト削減を同時に実現する最大8回線対応の最新FAXサーバーソフトです。

従来のオンプレミスでのシステム構築に加えて、FAXサーバーの構築には不向きであるIaaS上でのシステム構築に対応しました※2。柔軟性のある価格体系で利用できるIaaS上でFAXサーバーを運用することで、設置コストや管理コストを削減できます。加えて、FAXサーバーと接続する通信ハードウェア(FAXモデム)だけを各拠点(オンプレミス)に設置できます※3。拠点ごとの電話番号をそのまま使用でき、一拠点集中のFAX送受信に比べて通信コストを削減できます。さらに、弊社中規模向けFAXサーバーソフトでは初めてクライアント機能にWebクライアントを採用しました。パソコン1台1台にインストールする手間を省けるなど、管理者およびユーザーの導入負担を軽減できます。

また本商品は、ERPやOCRなどの業務ソフトと連携するための機能を標準搭載しています。業務ソフトが出力した帳票を指定された宛先にFAX送信したり、取引先からFAX受信した帳票を業務ソフトへ電子ファイルで渡したり、といった業務ソフトと連携したFAX送受信を自動化できます。

《開発の背景》

中小企業やその中小企業を取引先に多く持つ製造業や流通業では、インターネットが一般的なコミュニケーション手段となった今日でも、受発注書などの帳票のやり取りに依然としてFAXを活用しています。また、金融業や保険業では、信用書類などで手書き文書を使用しており、支店間や企業間のやり取りにFAXを使用した方が都合のよいといった例もあります。

そのような中、FAXを使い続けている企業にとっても、紙のFAXを処理する手間、紙のまま管理する煩雑さ、紙の紛失による情報漏洩などに不満や不安があり、FAX業務の改善には強いニーズがあります。さらに、近年IaaS型クラウドサービスが充実したことで、業務ソフトの運用を企業内の個別サーバーで行わずに、IaaS環境でまとめて行いたいというシステム運用上のニーズが増えています。

「まいと~く Center Hybrid」では、これらのニーズに応える様々な機能を備えています。FAX送受信のペーパーレス化・電子化はもちろん、送受信履歴の一元管理、業務ソフトと連携したFAX送受信の自動化、そしてIaaS環境を利用した柔軟性の高い運用、といった新しいFAX業務のあり方を様々な業種・規模で実現できます。本商品の導入で、調達・購買担当者の日々の業務効率化に加えて、情報システム部門の管理・運用の効率化にも対応できます。

《PSTNからIP網への移行について》

日本電信電話株式会社(NTT)は、「固定電話」サービスの提供に使用している公衆交換電話網(PSTN=Public Switched Telephone Network)を2020年ごろから2025年ごろにかけてIP網へ移行することを発表しています。PSTNからIP網への移行後も、基本的な音声サービス(FAXを含む)は設備や機器などの変更なしにそのまま利用が可能とされています。

「まいと~く Center Hybrid」は、現在の基本的な音声サービスでのFAX送受信に対応しています。そのため、PSTNからIP網への移行後も、安心してご使用いただくことができます。加えて、企業で導入が進むIP電話(光電話、0AB~J番号※4)での動作確認を行い、回線環境の選択肢を拡大していく予定です。また、「5年保守サポートサービス」付きもラインアップするなど長期保守サポートも提供し、2020年以降もユーザー様のFAX業務をしっかりとサポートしていきます。

※1 仮想マシンやネットワークなど、情報システムの稼動に必要なインフラ一式をインターネット上のサービスとして提供し、利用者自身がOSやハードウェアなどを所有することなく、必要な時に必要な要素だけを選択してクラウドサーバーを構成できるようにした利用形態のこと。Infrastructure as a Serviceの略。

※2 FAXサーバーの構築には、一般的にシリアルポート(RS-232C)やUSBポートを使用してコンピューターとFAXモデムを接続します。IaaS上のコンピューターとの接続はネットワーク経由となり、シリアルポートやUSBで接続するFAXモデムは使用できません。「まいと~く Center Hybrid」では、ネットワーク経由でシリアルポート接続のFAXモデムを使用できるようにするSDU(シリアルデバイスユニット)を付属ハードウェアに採用して、IaaS環境でもFAXサーバーを構築できるようにしました。

※3 1サーバー2拠点まで。

※4 東京03や大阪06などの番号で始まる固定電話番号のこと。050で始まるIP電話の動作確認予定はありません。

「まいと~く Center Hybrid」の主な機能

(1)業務ソフトと連携したFAX送受信の自動化

ERPや電子帳票、OCRなどの業務ソフトとFAX送受信機能を連携できます。帳票の自動FAX送信やFAX受信した帳票の自動処理などのシステムを、連携機能を使用して短期間で構築できます。

《主な連携機能》

  • API連携(オプション):Web API(HTTPリクエスト)またはAPI(.NET)を使用して、業務ソフトにFAX機能を組み込むことができます。
  • CSVファイル連携:業務ソフトが出力したCSVファイルを解析して、複数の送信先へ異なる帳票を自動でFAX送信できます。
  • 受信FAXのエクスポート:受信したFAXをPDFまたはTIFFファイルで指定のフォルダーへ保存して、業務ソフトへ渡すことができます。

(2)マルチデバイス/マルチOS対応のWebクライアント

一般的なWebブラウザーで操作できるクライアント機能を搭載し、マルチデバイス/マルチOSで使用できます。一般ユーザー向け機能(FAX送受信機能)と管理者向け機能(システム設定やバックアップなど)について、使用する機能をログインユーザーごとに設定できます。

(3)複合機から送信したFAXの一元管理

複合機のインターネットFAX機能を使用して、「まいと~く Center Hybrid」を経由したFAX送信ができます。紙の原稿を複合機から送る場合でも送信FAXを一元管理できます。

(4)電子メールソフトを使用した外出先でのFAX送受信

PDFやWordファイルを添付した電子メールを「まいと~く Center Hybrid」宛に送信することで、件名に指定したFAX番号へ添付ファイルの内容をFAX送信できます。ノートPCやタブレットを使用して、外出先でFAX返信などに対応できます。
また、「まいと~く Center Hybrid」で受信したFAXを電子メールの添付ファイルとして転送することで、外出先でFAXの内容を確認できます。

(5)FAX送受信後処理の自動化

送受信FAXをユーザーやグループへ振り分け、受信FAXの受け取り通知をFAX返信、受信FAXを指定プリンターで出力など、FAX送受信後の様々な処理を自動化できます。

商品概要 / 販売スケジュール

商品名 まいと~く Center Hybrid
販売開始日 2016年3月25日(金)
価格
商品Webサイト
画像データ

本商品に関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 COMグループ
TEL:03-3839-6340

本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 営業推進部 広報宣伝グループ 澤田(さわだ) / 山中(やまなか)
TEL:03-3839-6775

掲載している情報は、発表日時点のものになります。