Web-EDI×RPA
受注業務を完全自動化

取引相手ごとに異なるWeb-EDIの画面操作を手動で行っていませんか。「Biware」なら手動操作をすべてソフトウェアロボットによる自動操作に切り替えることができ、受注業務の大幅な働き方改革を実現できます。

株式会社インターコム
取引先ごとに仕様や操作が異なるWeb-EDI

受注業務におけるこんな課題はありませんか?

  • 課題ポイント1

    なくならない入力ミス

    Webブラウザー操作における入力ミスが時折発生。手作業だからなかなか完全には無くせない。

  • 課題ポイント2

    定型業務だが人手が必要

    取引画面が一様ではないので人手による対応が必要。ただし定型業務のため、今一つ生産性が上がらない。

  • 課題ポイント3

    緊急時の取引対応

    早朝や緊急時など、所定労働時間外の取引はいつも対応できない。

  • 課題ポイント4

    受注業務の属人化

    受注業務の標準化が進んでいない。各受注担当者がどんな作業を行っているのか、把握できていない。

Web-EDIのブラウザー操作をRPAで完全自動化

「Biware EDI Station 2」で解決できます!

Web-EDIのWebブラウザー操作を自動化する「Biware EDI Station 2」のオプション機能(Auto Web オプション)を活用すれば、Web-EDIによる発注データのダウンロードから自社フォーマットへのデータ変換、基幹システムへのデータ渡しまで、受注業務におけるあらゆるEDI 処理を自動化できます。

受注業務の脱・手作業宣言!

<Web-EDI(受注⇒出荷)における業務フローの比較>

業務フローを比較すれば一目瞭然。「Biware EDI Station Auto Web オプション」を活用すれば、Webブラウザーを介した一連の取引業務を大幅に効率化できます。

▲