導入事例
アイ・モバイル株式会社様
- 情報サービス業 -

画面共有で長時間サポートの8割を削減

お客様の操作状況や利用環境を一目で把握

アイ・モバイル株式会社様(以下、アイ・モバイル様)は、中小企業をITとマーケティング面から支援し、営業効率アップのお手伝いをするために、様々なサービスをご提供されています。特に“世界一かんたんに作成・更新できる”を目指して生まれたホームページサービス「Smartpage」は、世界最先端技術によるプラットフォームとホームページのプロによる運用サポートがワンストップで提供されることが好評で、中小企業だけでなく大企業にも導入されています。

このたび、アイ・モバイル様のサービスをご使用中の全国25,000社のお客様を対象に、サポートサービスを提供されているホームページサービスサポートセンターで、クラウド型リモートサポートツール「LAPLINK ヘルプデスク」をご導入いただきました。その導入の背景やポイント、効果についてお話を伺いました。

導入の背景
パソコンの操作状況や利用環境の把握で、サポート対応が長時間化

ホームページサポートセンターでは、アイ・モバイル様のご提供サービスのみならず、それに付帯する独自ドメインやメールサービスなどの問い合わせについてもサポートを行っていらっしゃいます。

「当社サービスをご使用いただいている中小企業のWebサイト担当者というと、総務や経理の方が兼任されていることもあり、リテラシーも様々です。パソコンの操作状況や利用環境を把握するにも、オペレーターが電話で何度も質問を重ね、数少ない手がかりから推理ゲームのようにご覧になっているページやメールソフトを特定していました。このような場合、サポートが長時間化してしまうので、画面共有サービスの活用によって、お客様の問題解決を迅速化できないかと検討していました」

▲
詳細資料ダウンロード
× 今日は表示しない