MaLion(マリオン)
IT資産管理+情報漏洩対策ツール
  1. ホーム
  2. 商品一覧
  3. MaLionシリーズ
  4. 連携ソリューション
  5. 労務管理支援システム(MaLion×就業大臣NX)

労務管理支援システム

MaLion × 就業大臣NX

就業大臣NX

システム概要

「就業大臣」と「MaLion」の連携で、労働時間を正確に管理できます。例えば、サービス残業は、従業者自身が打刻するタイムカードではわかりません。特にテレワーク中は、管理者が従業者を目で追えないため、打刻後の業務を把握することは困難でした。
本連携により、従業者が何時にPCの電源を入れ、何時に電源を落としたのかが「MaLion」に記録され、そのデータを、「就業大臣」の打刻データと比較することで、労働時間の乖離を一目で確認できます。退勤打刻後のサービス残業を発見することで、従業者の働き過ぎを防ぎ、より確実な勤怠管理が実現します。
本システムは、「MaLion(Ver.6.1以降)」と「就業大臣NX」を連携させたソリューションです。

システム構成イメージ

主な機能

1.サービス残業をはじめ、従業者の労働状況を可視化する端末稼働状況レポート

「就業大臣」が管理する打刻データを、「MaLion」が管理するPC稼働ログと合わせることで、従業者PCごとに稼働状況をグラフ化します。これにより、退勤打刻後にサービス残業を行っている従業者、休憩時間帯に働いている従業者、就業時間内に長時間働いていない従業者がいないかを確認できます。

端末稼働状況レポート
画像拡大

端末稼働状況レポート

2.36協定上の時間外労働時間数を踏まえた警告表示とPC強制終了

従業者PCに対して、残業警告のポップアップ表示やメール送信を行い、残業を抑止できます。終業時刻を過ぎても稼動しているPCに対しは、強制シャットダウンを実行できます。残業管理体制のシステム化により、長時間労働の是正を徹底できます。

残業警告表示
残業警告表示

3.PCログオン・オフ情報を出退勤時刻として利用

「MaLion」が管理するPC初回ログオンと最終ログオフの情報を、CSV形式で「就業大臣」に取り込むことで、出勤や退勤の打刻を行う手間が省けます。打刻忘れの防止はもちろん、管理者による作業時間とタイムカードの打刻時間の乖離の確認も不要になります。

「初回ログオン最終ログオフレポート」の受入結果(就業大臣より)
画像拡大

「初回ログオン最終ログオフレポート」の受入結果(就業大臣より)
▲