ニュースリリース

2004 年 1 月 27 日

韓国最大手セキュリティ ソフト ベンダーのアンラボ社と提携
企業向けのセキュリティ製品 6 製品を販売開始!

通信ソフトの株式会社インターコム (〒110-8654 東京都台東区台東 1-3-5 反町ビル、TEL:03-3839-6231、資本金:8,400万円、社長:高橋啓介) はこのほど、韓国最大手のセキュリティ ソフト ベンダーである株式会社アンラボ (〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-25-2 飯嶋ビル 6F、TEL:03-5435-8601、資本金:6,000万円、社長:ファン ヒョウ ヒョン) と日本国内での販売契約を締結し、同社の企業向けセキュリティ製品 「V3 VirusBlock Corporate Edition (ブイスリー ウイルスブロック コーポレート エディション)」 など 6 製品を 2004 年 1 月 28 日より販売開始します。

中小規模から大規模企業まで、企業にとって "セキュリティ" は必要不可欠な要素である一方、限られた IT 予算を圧迫する大きな要素となっているのが現状です。そんな中、"強固なセキュリティ対策を、必要最小限のコストで実現したい" という企業経営者・セキュリティ担当者の本音に応えるべく、「V3 VirusBlock Corporate Edition」 を始めとするアンラボ社の企業向け製品は、定価ベースで他社製品より約 30% (当社調べ) ほど安い価格設定を実現しました。導入費用はもちろんのこと、年に 1 度のバージョン アップ費用 (1年契約の場合) などトータル コストのかさむ企業セキュリティ ソリューションを、お求め安い価格にて提供して参ります。

アンラボ社の製品は、コスト パフォーマンスのみならず、製品の心臓部にあたる、V3エンジンにより性能面においても高いパフォーマンスを実現。特に、ウイルス検査速度や常駐および検査時の低負荷性能においては、世界でも有数の性能を誇ります。また、クライアント製品である 「V3 VirusBlock for Client (ブイスリー ウイルスブロック フォー クライアント)」 は、アンチウイルス分野の国際的認証である 「チェックマーク認証 」 を取得しており、ウイルス検知能力においても第三者機関に認められております。また、企業セキュリティ ツールとして欠かせない "社内アンチウイルス ソフトウェアの一元管理"を実現する 「Ahnlab Policy Center 2.0 (APC2.0 / アンラボ ポリシー センター 2.0) 」 は、ネットワークに接続されたハードウェアやソフトウェアなど社内の "IT 資産の一元管理" 機能や、クライアント サポートに便利な "リモート コントロール" 機能など多彩な管理機能も搭載しており、システム管理にかかる負担が大幅に削減できます。

また、弊社では既にアンラボ社と業務提携を行い、2002 年 4 月より国内初となる統合 ASP セキュリティ (ファイアウォール & アンチウイルス) サービス 「SHILDIAN NETservice (シルディアン ネットサービス)」 の提供を行って参りました。「BIGLOBE」、「SANNET」 といった大手 ISP 事業者を中心としたさまざまなポータル サイト事業者への営業・導入実績、及びサポート実績から培ったノウハウを、今回の企業向け製品の販売、サポートにも生かすことで、企業ユーザーの利用用途に合わせた最適なセキュリティ ソリューションを提供していく予定です。
なお弊社では、下記 6 製品トータルで、初年度 2 億円の売上げを目指します。チェックマーク認証
アンチウイルス分野で製品の高品質を認める国際的認証の1つ。イギリスのウエスト コースト ラブ (West Coast Labs, Ltd.) で授与される(Webサイト:http://www.check-mark.com/)。


〈1〉 V3 VirusBlock Corporate Edition(ブイスリー ウイルスブロック コーポレート エディション)
企業セキュリティに必須の 「Ahnlab Policy Center 2.0 / クライアント セキュリティ管理ツール」、「V3 VirusBlock for Client / クライアント セキュリティ対策」、「V3 VirusBlock for Windows Server / サーバー セキュリティ対策」 の 3 製品がセットになったスタンダード パック。
価格 : 66,000 円 / 10 ライセンス (新規 ・ 1年契約) より。


〈2〉 Ahnlab Policy Center 2.0(アンラボ ポリシー センター 2.0)
企業ネットワーク内のウイルス対策管理に加え、資産管理機能も搭載したクライアント マネージメント ツール。


〈3〉 V3 VirusBlock for Client(ブイスリー ウイルスブロック フォー クライアント)
メール監視、システム監視、インターネット監視、リアルタイム監視など多彩な機能を備えたクライアント PC 向けウイルス対策ツール。また "V3エンジン" は、リソース消費量が少なく軽く早い動作でシステムに負担をかけません。
価格 : 46,200 円 / 10 ライセンス (新規 ・ 1年契約) より。


〈4〉 V3 VirusBlock for Windows Server(ブイスリー ウイルスブロック フォー ウインドウズ サーバー)
Windows サーバーに保存されたファイル等をウイルスの脅威から守る、Windows サーバー専用ウイルス対策ツール。
価格 : 36,000 円 / 1 ライセンス (新規 ・ 1年契約) より。


〈5〉 V3 VirusBlock for Linux Server(ブイスリー ウイルスブロック フォー リナックス サーバー)
Linux サーバーに保存されたファイル等をウイルスの脅威から守る、Linux サーバー専用ウイルス対策ツール。
価格 : 32,400 円 / 1 ライセンス (新規 ・ 1年契約) より。


〈6〉 V3 VirusBlock for Gateway/SMTP Linux Server
(ブイスリー ウイルスブロック フォー ゲートウェイ/エスエムティーピー リナックス サーバー)
送受信メールをリアルタイムに検査・駆除することで、SMTP プロトコルを媒介として流入するメール ウイルスへの感染を効果的に防ぐゲートウェイ型メール ウイルス対策ツール。
価格 : 45,000 円 / 10 アカウント (新規 ・ 1年契約) より。

〔株式会社アンラボについて〕

株式会社アンラボは、1995年、医師でありながら韓国で始めてアンチウイルス ソフトウェアを開発した安 哲秀(アン チョルス) が創業。現在、韓国内では、市場の60%以上を獲得し、名実共に NO.1 アンチウイルス ベンダーです。2002 年には本格的に日本市場進出を果たし、コンシューマー向けパッケージ製品、「V3 ウイルスブロック」 はシリーズ累計で 10 万本以上を出荷、また ASP サービスでは現在 16 万人以上のサービス提供実績を誇ります。
その他、詳細は Webサイト(http://www.ahnlab.co.jp/)をご参照ください。