ニュースリリース

2006 年 5 月 30 日

企業のFAX・電話業務を大幅に効率化する「まいと~く」シリーズ2つの新ラインアップ登場!
音声応答(IVR)・FAXシステム構築ソフト「まいと~く VoiceFAX Center」と
FAXサーバーソフトの最新版「まいと~く FAX Server 6」を新発売!

通信ソフトの開発メーカーである株式会社インターコム(〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5、TEL:03-3839-6231、資本金8,400万円、社長:高橋 啓介)はこのほど、企業の電話窓口業務やFAX送受信業務を自動化して大幅な効率化を図るWindowsサーバー用ソフトウェア2商品を新開発し、6月下旬より販売開始します。
  • 企業の電話窓口業務を24時間自動化する音声応答(IVR)・FAXシステム構築ソフト
    「商品名:まいと~く VoiceFAX Center (マイトーク ボイス ファックス センター)」 (発売日:2006年6月23日)

  • 業務システムとのスムーズな連携を実現するFAXサーバー ソフト
    「商品名:まいと~く FAX Server 6 (マイトーク ファックス サーバー シックス)」 (発売日:2006年6月30日)
まいと~く FAX Server 6 パッケージ
まいと~く FAX Server 6 パッケージ
 
商品情報ページ :https://www.intercom.co.jp/faxserver/
まいと~く VoiceFAX Center パッケージ
まいと~く VoiceFAX Center パッケージ ガイダンスエディタ画面
 
商品情報ページ : https://www.intercom.co.jp/voicefax/


電話は、企業や各部門の顧客窓口、法人・個人からの受注・問い合わせ対応、各種連絡業務や情報発信など、幅広い分野で活用されています。FAXにおいても、受発注業務における見積書や受発注書などの重要書類の送受信、顧客への情報発信などで毎日のように利用されています。

今回新発売する「まいと~く VoiceFAX Center」と「まいと~く FAX Server 6」は、このような企業活動に欠かせない存在である電話・FAX窓口業務を大幅に効率化するとともに、顧客サービスを向上させることが可能な中小規模企業向けサーバー用ソフトウェアです。


各商品の特長は、以下の通りです。

まいと~く VoiceFAX Center

「まいと~く VoiceFAX Center」は、通信販売の受注、病院の診療予約、映画館の上映案内などのように、電話の発信者(お客様)に対して、音声メッセージの自動再生により無人で24時間応答できる自動音声応答(IVR)システムを構築するソフトウェアです。本商品の最大の特長は、発信者(お客様)が行う電話機操作に合わせてどのような応答をするか(応答フロー)を設定する編集ユーティリティ「ガイダンス エディタ」が標準搭載されていることです。「ガイダンス エディタ」では、あらかじめ応答動作(メッセージ再生、処理分岐判定、FAX送信、内線転送など)が定義されている50種類におよぶスクリプトアイコンを画面上で選択していくことで応答フローが簡単に作成できます。はじめて本商品を扱うSIer、ソフトハウスでもIVRシステムを少ない工数で構築できるように工夫されています。なお、再生する音声メッセージも、内容をテキスト入力するだけで自然な音声に自動変換する高機能音声合成エンジンを提供しているので、マイクを使った録音の必要がありません。

また本商品では、電話機から入力された会員番号や商品番号などの情報をCSV形式のファイルとして出力できます。電話で自動受付した受注データなどを販売管理システムへ受け渡しすることが可能となるなど、業務システムとの連携に利用できます。

<その他の特長>
・国内製の通信カードが標準で付属しています。
・最大16回線を制御するFAXサーバーとしての利用が可能です。
・従来(G3)に比べ通信時間を大幅に短縮できるスーパーG3 FAX対応の商品をラインアップしています。
・音声認識、ダイヤルパルス(DP)認識対応の商品をラインアップしています。



まいと~く FAX Server 6

「まいと~く FAX Server 6」は、ERPやCRM、SCMなどの業務システムと連携したFAX送受信を自動化する最新のFAXサーバー ソフトウェア(最大8回線制御)です。本商品では、FAXデータの受け渡し方法の改善など業務システムとの連携部分の使い勝手をさらに向上させたことに加え、大量FAX送信を効率化するDM送信機能など新機能も追加しました。FAXサーバーとして完成度の高い商品に仕上がっています。

業務システムとの連携機能の1つ異文書自動送信では、業務システム側で宛先情報(FAX番号など)と帳票情報(ファイルの場所を示すパス)をCSVファイルで指定フォルダに出力するだけで、「まいと~く FAX Server 6」がそのCSVファイルを解析し、各宛先にそれぞれ指定された異なる帳票を自動送信できます。また、ファイル出力機能では、受信したFAXイメージを業務システムが取り込み可能なファイル形式(TIFF、PDFなど)に自動変換して出力できます。この2つの機能によって送信および受信の両方で業務システムとのスムーズな連携が可能になります。さらにオプションのAPI(アプリケーション プログラム インターフェース)連携機能を使えば、業務システムからFAXサーバーをより細かく制御できるようになります。FAX機能を業務システムの一機能として利用することが可能です。

また本商品では、FAXによるDM(ダイレクトメール)の設定から送信までを簡単な操作で行えるDM送信ツールを新搭載しました。各企業が保有する大量の送信先データのインポートや配信日時を設定したスケジュール送信ができ、日々の配信業務を効率化できます。本商品は、LAN上の複数のコンピュータからペーパーレスでFAX送受信を行うクライアント/サーバーシステムとしての利用もでき、企業のあらゆるFAX送受信に活用することが可能です。




商品概要 / 販売スケジュール

 まいと~く VoiceFAX Center
  商品名と価格 :
<パッケージ商品(ソフトウェア+ハードウェア)>
●標準版

まいと~く VoiceFAX Center/2回線版
2回線音声FAX応答カード付属

・・・・・ 価格600,000円(税込630,000円)

まいと~く VoiceFAX Center/4回線版
4回線音声FAX応答カード付属

・・・・・ 価格800,000円(税込840,000円)

まいと~く VoiceFAX Center/2回線版
スーパーG3対応4回線音声FAX応答カード付属

・・・・・ 価格950,000円(税込997,500円)
●SR版(音声認識対応)

まいと~く VoiceFAX Center/SR/4回線版
音声認識対応・4回線DP認識音声FAX応答カード付属

・・・・・ 価格900,000円(税込945,000円)
その他(追加用通信カード、高品質音声合成オプション、年間保守サービス、保守付パッケージ商品など)をご用意しております。
  「まいと~く VoiceFAX Center」の商品ラインアップと価格の詳細はこちらをご覧ください。
  発売日 : 2006年6月23日
  初年度販売予定 : 300本
  商品情報ホームページ : https://www.intercom.co.jp/voicefax/
  商品画像 : https://www.intercom.co.jp/press/imgdata/2006/
  商品カタログ : https://www.intercom.co.jp/download/catalog.html

 まいと~く FAX Server 6
  商品名と価格 :
<パッケージ商品(ソフトウェア、またはソフトウェア+ハードウェア)>

まいと~く FAX Server 6/2回線版
2回線音声FAX応答カード付属

・・・・・ 価格250,000円(税込262,500円)

まいと~く FAX Server 6/モデム内蔵4回線版
4回線音声FAX応答カード付属

・・・・・ 価格450,000円(税込472,500円)

まいと~く FAX Server 6/モデム内蔵8回線版
M-4MP(モデム内蔵4回線ボード)×2枚付属、
  クライアント1ライセンス付き

・・・・・ 価格600,000円(税込630,000円)
その他 (年間保守サービス、保守付きパッケージ商品など)をご用意しております。
  発売日 : 2006年6月30日
  初年度販売予定 : 2,000本
  商品情報ホームページ : https://www.intercom.co.jp/faxserver/
  商品画像 : https://www.intercom.co.jp/press/imgdata/2006/
  商品カタログ : https://www.intercom.co.jp/download/catalog.html