プレスルーム

ニュースリリース

2011年4月6日

未知のウイルスの特徴をクラウドセンターで分析してリアルタイム駆除
フィッシングサイトなど危険なWebサイトを最新データベースで遮断
クラウド型セキュリティ対策サービス
「MaLion Internet Security クラウド」を販売開始

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(東京都台東区、代表取締役社長:高橋 啓介)はこのほど、近年増加の一途をたどるウイルスに素早く対応するために、クラウド上のウイルス解析センターによるリアルタイム分析技術を採用した、クラウド型総合インターネットセキュリティ対策サービス「商品名:MaLion Internet Security クラウド(マリオン インターネット セキュリティ クラウド)」を2011年4月6日より販売開始します。

本商品は、70万ユーザーを抱える「SHILDIAN NETservice」のプログラムを完全リニューアルした新しいクラウド型セキュリティサービスです。インターコムからISP(インターネット サービス プロバイダー)、SaaSプロバイダー、ECサイト、ホスティングサービスなどのサービス提供企業向けに販売し、サービス提供企業からエンドユーザー向けに再販売されます。既に「TikiTikiインターネット」などのISPで採用が決定しています。

操作画面イメージ
操作画面イメージ

インターネット上には新種・亜種の悪性コードが次々に発生しています。2009年末に大流行した「Gumblar」とその亜種に代表される、悪性コードの85%以上がWebサイト経由で感染すると言われています※1。このような環境の下では、検体を入手・分析してパターンファイルを更新する従来のウイルス対策ソフトのしくみではPCを最新の脅威から保護するのには不十分な状況になりつつあります。

「MaLion Internet Security クラウド」は、このような最新の脅威からエンドユーザーPCを守るために、クラウド上のウイルス解析センターのデータベースをリアルタイムで参照する「クラウド方式エンジン」と、未知のウイルスの検出精度を高めた「DNAスキャン」を採用しています。

本商品の導入されたエンドユーザーPCでウイルスの可能性のある未知のファイルが発見されると、クラウド上の解析センターにリアルタイムでそのファイルの情報が転送されます。解析センターでは既存ユーザーから収集した膨大なファイル情報データベースと、転送されたファイル情報を照合します。照合結果はエンドユーザーPCに通知され、ウイルスとわかった場合に本商品がそのファイルを駆除します。パターンファイル更新の間に発生した新種・亜種のウイルスにリアルタイムで対応することが可能です。

また、今回新たに採用された「DNAスキャン」では、解析センターで収集した膨大なファイル情報がリアルタイムに反映された最新のヒューリスティックスキャン※2エンジンで未知のファイルのスキャンを行います。ウイルスの検出力と検出精度が向上し、新種・亜種のウイルスへの防御力がさらに強化されました。

さらに、本商品ではWebサイトからのウイルス感染や詐欺行為を未然に防ぐツール「SiteClean」を新搭載しました。「SiteClean」では、訪問したWebサイトの安全性をクラウド上の解析センターでリアルタイムに判断し、フィッシングサイトなどリスクのあるWebサイトの表示を即座に遮断します。気付かずに訪れた危険なWebサイトからエンドユーザーPCを守ります。

「MaLion Internet Security クラウド」は、最新のセキュリティ対策技術を搭載して、より多くのエンドユーザーに安心・安全なインターネット利用環境を提供します。今後、次々と発生するインターネット上の脅威からエンドユーザーPCを守るサービスとして、ISPを始めとする様々なサービス提供企業への普及に努めて参ります。

※1 株式会社アンラボ調べ。
※2 ウイルス特有の行動パターンを検知しスキャンする方法。

本商品を商材として導入するサービス提供企業の主なメリット

  • 利用料金はエンドユーザー数に応じてインターコムから契約企業に月額で請求されます。クラウドサービスのためパッケージ商品のように在庫を抱える必要なく、都度の発注など煩雑な手続きも発生しません。
  • エンドユーザーに提供するプログラムに独自のサービス名を表示できます。自社オリジナルのサービスを充実させることができます。
  • インターコムの運営するサーバーからサービスを提供するため、オリジナルサービスページを用意すればすぐにエンドユーザーにサービス提供を開始できます。
  • 契約企業ではエンドユーザーの利用可否を判定するだけで、ユーザーの登録情報をインターコム側に受け渡すことなく運用できます。セキュリティ規定の厳しい企業様でも導入できます。

本商品を利用するエンドユーザーの主なメリット

  • 新種・亜種のウイルスからの高い防御性を備えたクラウド方式エンジンとDNAスキャンにより、最新の脅威からPCを保護できます。
  • 「SiteClean」「セーフサーチ」などWebサイトからの脅威を防ぐ機能で、安心してWebサイトの閲覧、情報検索を行えます。
  • 同種セキュリティ対策ソフトと比べて最高クラスの高速スキャンエンジンを搭載。"重い"ウイルス対策ソフトに不満を持つ方にも満足していただける操作性を実現します。

「MaLion Internet Security クラウド」の主な特長と新機能

【1】最新の脅威に対応する「クラウド型エンジン」と「DNAスキャン」

【クラウド方式エンジン】
エンドユーザーPCで発見されたウイルスの可能性のある未知のファイルを、クラウド上の解析センターの収集したファイル情報と照合し判定する技術です。クラウド上のファイル情報は常に最新に更新されており、この情報をリアルタイムで利用することで、パターンファイルの更新の間に発生した新種・亜種のウイルスに対応することが可能です。

【DNAスキャン】
ウイルス解析センターの収集した情報を基に検出力と精度を向上させたヒューリスティックスキャンエンジンを使用して、未知のファイルの判別を行います。激増する新種・亜種のウイルスに対策に有効です。

ウイルス分析のフローイメージ図

クラウド方式エンジンを利用したウイルス分析の流れ

  1. 「MaLion Internet Security クラウド」が、エンドユーザーPC上で発見された未知のファイルの情報をクラウド上の「Smart Defense Center」へリアルタイムで転送します。
  2. 「Smart Defense Center」では、転送されたファイル情報を基に、未知のファイルが正常なファイルか、ウイルスであるかを、ユーザーから収集した膨大なファイル情報と照合します。
  3. 照合結果がエンドユーザーPCに通知されます。未知のファイルがウイルスと判定された場合、「MaLion Internet Security クラウド」が駆除します。
  4. 正常であると判断されたファイルは、エンドユーザーPCに情報が登録され、次回以降のスキャンが省略されます。

【2】セキュリティ対策ソフトで最高クラスのスキャン速度

PCに負荷をかけないように設計された高速スキャンエンジンとクラウド方式エンジンを併用することで約20%のスキャン時間短縮を実現しました。同種セキュリティ対策ソフトと比べて最高クラスの高速スキャンを実現しています。
自社商品との比較。

【3】気付かずに訪れた危険なWebサイトを「SiteClean」が遮断

Webサイトからの脅威を防ぐ機能「SiteClean」は、Webサイト表示をリアルタイムで監視し、悪性コード、フィッシングサイト、異常なプロセス、悪性スクリプト、HTTP改ざんなどを検出した場合にアクセスの遮断、リスク要素の駆除を行います。また、ダウンロードファイルをリアルタイムでスキャンし、各ファイルの安全性を表示します。Webサイトを経由して感染を広げるウイルスからPCを守ることができます。

【4】検索結果にWebサイトの安全性を表示する「セーフサーチ」

各社検索サイトの検索結果に表示されるWebサイトを診断し、安全性を表示します。リンクごとにアイコンやポップアップ表示される診断結果を参考にしながら、危険な要素があるWebサイトを避けて安全にWebサイトを閲覧することができます。
Google、 Yahoo!JAPAN、Bing、BIGLOBE、goo、@nifty、Infoseek、NAVER の検索結果に対応。

その他の機能

ウイルス・スパイウェア対策 システムリアルタイムスキャン/メッセンジャーリアルタイムスキャン/クイックスキャン/カスタムスキャン/スケジュールスキャン/USBドライブスキャン/CD、USB自動実行防止/スキャン除外設定/バックアップセンターでの隔離保存
ハッキング遮断 パーソナルファイアウォール/ネットワーク侵入遮断/許可・遮断IPアドレス設定
メールセキュリティ ウイルスメールスキャン
Webサイトの安全性診断
(SiteClean)
危険サイト遮断/不正プロセス実行遮断/悪性スクリプト実行遮断/フィッシングサイト遮断/ダウンロードファイルスキャン、削除/悪性要素駆除後にWebサイトを表示/検索結果リンク危険判定(セーフサーチ)/HTTP改ざん検知・お知らせ
システムチューニング システム最適化
その他 クラウド方式エンジンでのスキャン/自動・手動エンジンアップデート/ログ表示/ユーザーモードカスタム設定/フルスクリーン時ポップアップ非表示/全機能一括終了/ウィザード式設定画面/各機能右クリック実行/お知らせメッセージ表示(機能追加予定)

商品概要 / 販売スケジュール

商品名 MaLion Internet Security クラウド
発売日 2011年4月6日(水)
商品情報ホームページ
  • https://www.intercom.co.jp/malion_isc/
商品画像
PDFカタログ

本商品に関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 東日本営業部 法人営業グループ
TEL:03-3839-6307

本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 マーケティング部 広報宣伝グループ
池田 雅志、澤田 季治
TEL:03-3839-6775
掲載している情報は、発表日時点のものになります。
▲