03-4212-2779
動画でわかる

受注リードタイム短縮に貢献!安全&スムーズにお客様を
オンライン支援するには?

お客様とスムーズにコミュニケーションできる機能が充実

「RemoteOperator Sales」はお客様側と営業担当者のPC画面を双方向に共有できるオンライン商談システムです。今回は、お客様側の画面を共有して操作支援する流れを動画にいたしましたので、実際の操作画面と合わせてご覧ください。

【お客様の画面を共有】
安心・安全なサポートが可能

ポイント① 遠隔操作はあえて“できない”設計

画面共有では、セキュリティ上の観点から、接続中に営業担当やオペレーターがお客様の端末を操作できない設計にしてあります。サポートの際には、営業担当やオペレーターがポインターをお客様のPC画面上に表示し、間接的に操作を支援できます。

ポイント② 画面共有範囲を制限できて安心

Webブラウザーやワード、エクセルなどのオフィス文書、PDF、アプリなど共有したい画面を指定したもののみに制限できます。対象範囲外はグレーアウトして一切見えないため、デスクトップや開きっぱなしのファイルなどがうっかり見えてしまう心配がありません。

ポイント③ 画面共有の一時停止も可能

お客様側で画面共有の一時停止・再開が可能です。個人情報やパスワードなどを入力する際、営業に見えてしまう心配がなくなります。また、接続は切断しないため、一時停止解除後はスムーズに画面共有に戻れます。

【オペレーターの画面を共有】
スムーズなプレゼンを実現

ポイント① 顔を見せた挨拶で安心感アップ

接続時、カメラ機能を使って挨拶することで、お客様との心的距離が近づきます。接続中ずっと顔を見せることも、途中でカメラをオフにして共有中の画面に集中してもらうこともできます。

ポイント② 実際の操作画面を見せられる

Webサイトやアプリの操作画面など、カタログや資料だけでは伝えきれない情報を見せながら商談できるため、資料を読み上げるだけではないワンランク上の営業トークが可能になります。

ポイント③ 資料を目の前で記入→その場でお渡し可能

エクセルシートやワード資料などをお客様と話しながら記入・修正し、そのファイルをその場でお客様にお渡しできます。伴走中のお客様のフォローや販売パートナーとのやり取りに最適です。