RemoteOperator 在宅 制限事項

共通の制限事項

他社製品との併用

  • 本商品と他のリモートコントロールソフトの併用はサポート対象外です。

Windowsでの制限事項

画面共有

  • マルチブート環境で再起動後に再接続をする場合、OSの選択画面を画面共有することはできません。
  • リモートデスクトップ環境の場合、再起動後に再接続機能は使用できません。
  • リモートデスクトップ上のエージェントとの接続中に、リモートデスクトップクライアントを最小化すると、画面更新が停止します。最小化を解除すると、画面更新が再開します。
  • リモートデスクトップ上のエージェントとの接続中に、キーボードからの[Ctrl]+[Alt]+[End]キー([Ctrl]+[Alt]+[Delete]キー)操作はできません。
  • 画面共有できる最大解像度は4K(3840×2160)までとなります。

エージェント

画面共有

  • 以下の機能が使用できません。

    • 再接続ショートカットの作成
    • 管理者権限での接続

Wake-on-LAN(WOL)

  • 端末がWOLに対応している必要があります。メインボード、NIC(LANカード)、OSがWOLに適している環境であるか各ベンダーにお問い合わせください。
  • ファイアウォールやネットワークの設定によっては、 WOLで起動できない場合があります。
  • 端末を起動するには、「RemoteOperator 在宅」がインストールされ起動している端末(トリガー端末)が、起動させたい端末と同じサブネット上にある必要があります。

ブラックスクリーン

以下の環境の場合、使用できません。

  • Windows 8.1
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 10 (1909) 以前で、複数のモニターが接続されている
  • Windows 10 (1909) 以前で、リモートデスクトップで接続されている

その他

  • プログラム起動中はスリープ機能を使用できません。