2020年1月15日にMicrosoft より公開されました、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edge(以後、新Edge)で下記の問題を確認しています。

発生現象

  1. 画面共有やプレゼンテーション上で、新Edgeのブラウザー画面が表示されない
  2. 新Edgeのブラウザーを使用してWeb版エージェントで接続した際、コンソール画面や管理ツールのリモートセッション履歴に、Web版エージェントのWeb ブラウザー名が「Chrome」 として表示される

発生条件

回避方法