Q&A

環境について

FAX送受信に必要な回線数を教えてください。
他の「まいと~く」シリーズと共存できますか?
「まいと~く Center Hybrid」の管理サーバー / FAXサーバーは、他の「まいと~く」シリーズと同一コンピューター上に共存できません。ただし、「まいと~く Center Hybrid」「まいと~く Center」のWebクライアントは、同一コンピューター上で使用できます。
リモートデスクトップで使用できますか?
使用できます。ご使用の際は、リモートデスクトップ接続開始側でプリンター共有をせずに接続するか、リモート接続される側でプリンターのリダイレクトを無効にしてください。
「まいと~く Center Hybrid/MD50Mモデム付き2回線版」を使用したいのですが、COMポートが1つしかありません。2回線で使うにはどうすればよいですか?

下記の3つの方法があります。

  1. 拡張ボードを使用する。
    【動作検証済み製品】
    ラトックシステム社 「REX-PCI60D」「REX-PE60D
    検証を実施している機種(パソコン)は限定的となるため機種をご選定される際は、大変お手数をお掛け致しますが、必ず当該商品のメーカーサイト(下記URLご参照)にて、動作条件のご確認をお願い致します。
    尚、上記以外の拡張ボードやモデム内蔵ボード、USBモデムおよびUSB→RS-232C変換アダプターなどは動作保証しておりません。
  2. 「まいと~く Center Hybrid/SDU2回線版」を使用する
  3. 「まいと~く Center Hybrid/USB4回線版」を2回線で使用する。
データのバックアップはできますか?

「まいと~く Center Hybrid」のシステム全体をバックアップできます。バックアップはスケジュールで実行できます。

ハードディスクの空き容量はどのくらい必要ですか?
動作環境ページをご覧ください。
対応する用紙サイズを教えてください。
A3 / A4 / B4サイズを送受信できます(すべてモノクロ送信)。A5 / B5サイズは送信できません。
FAX通信では、幅を基準に用紙サイズが決定します。FAX規格(ITU-T T.30)には、A5 / B5サイズがありません。
クラウド(IaaS)環境でFAXサーバーを構築できますか?

動作確認済みIaaSはこちらをご覧ください。

仮想化環境で使用できますか?

「まいと~く Center Hybrid」では、仮想化環境に対応したラインアップをご用意しています。

vSphere-FTで利用できますか?

利用できます。詳しくは仮想化環境の運用についてのページをご覧ください。

vSphere-HAで利用できますか?

利用できます。詳しくは仮想化環境の運用についてのページをご覧ください。

vMotionで利用できますか?

利用できます。詳しくは仮想化環境の運用についてのページをご覧ください。

シリアルデバイスユニットを設置する際の注意事項はありますか?

ノイズによる通信エラーや機器障害防止のため、各ケーブルは 束ねたり、巻いたりせず、ケーブル同士をできるだけ離して設置してください。その他詳細につきましては「ノイズによる障害を軽減するための対策」をご参照ください。

ノイズによる障害を軽減するための対策
▲