FAXの送受信件数が多いのですが、電話回線は何回線必要ですか?

【回答1】
A4サイズの一般的なモノクロデータ(受発注データなど)1枚をFAX送信する場合、1件あたり約60秒かかります。同様のデータを大量に送る場合、電話回線1回線だと下表の時間がかかります。2回線あれば、それぞれ半分の時間で送ることができます。下表を参考にして必要な回線数をご検討ください。

FAX件数 100件 500件 1,000件 10,000件
必要な時間 約1時間40分 約8時間 約17時間 約167時間

(14400bpsで標準的なA4モノクロデータ(50KB)を送信する場合、1件あたり30~40秒程度で送ることができますが、話し中やエラー時のリトライを考慮し、1件あたり60秒として計算しました。)
FAX通信量が多い場合、通信速度が通常の約2倍(1件あたり30秒)のスーパーG3に対応した「まいと~く Center」(最大72回線制御)もご検討ください。


【回答2】
「何件のFAXを確実に送信(または受信)したいか」というアプローチで必要な回線数を算出する方法があります。算出方法を参考にして、必要な回線数をご検討ください。算出方法は下記を参照してください。



【必要FAX回線数の算出方法(参考)】

(1)必要なFAX回線数を算出するためには、まず下記の前提条件を決定します。

  1. ピーク時の1時間あたりの送受信件数
  2. 必要通信時間
    各件1枚のFAXの場合
    送信:100(枚)×60(秒)÷3600(秒)=1.667
    受信:50(枚)×60(秒)÷3600(秒)=0.833
    合計2.5アーラン

これはFAX機の性能、用紙サイズ、モノクロ/カラー、そのデータ内容等により増減します。また、相手側のFAX機は特定が難しいです。よって、インターコムでは、A4サイズ、一般的なモノクロの受発注データとした場合、下記を目安として概算します。

  必要通信時間( / 枚)
送信 60秒
受信 60秒
※カラーデータの場合は、各10倍程度の時間を目安としております。

(2)次にこれらの条件から、「呼数」を算出します。この「呼数」とは単位時間における通信量(トラフィック量)です。呼量の単位は「アーラン」で、1回線が常に保留(話中)にされ続けている場合が、1アーランです。

『呼数の想定例』
  1. ピーク時の1時間あたりの送受信件数
    送信:100件 受信:50件
  2. 必要通信時間
    各件1枚のFAXの場合
    送信:100(枚)×60(秒)÷3600(秒)=1.667
    受信:50(枚)×60(秒)÷3600(秒)=0.833
    合計2.5アーラン

(2)上記で算出した呼量を「即時式完全群負荷表(アーランB表)」にあてはめると、必要な回線数が算出されます。この表にある「呼損率」とはダイヤルしても話し中になる確率です。

「必要回線数の算出例」 (上記の「呼数の想定例」の場合)
即時式完全群負荷表(アーランB表)
N:必要回線数 B:呼損率 数値:呼量(アーラン)
  B
0.03 0.05 0.1
N 1 0.031 0.053 0.111
2 0.282 0.381 0.595
3 0.715 0.899 1.271
4 1.259 1.525 2.045
5 1.875 2.219 2.881
6 2.543 2.960 3.758
7 3.250 3.738 4.666
8 3.987 4.543 5.597