1. ホーム
  2. 商品一覧
  3. Biwareシリーズ
  4. Biware JXクライアント
  5. Biware JXクライアント(流通EDI)

Biware JXクライアント(流通EDI)

Biware JXクライアント(流通EDI)についてご紹介

みんなつながる流通BMS
全銀EDIシステム(ZEDI)

流通BMS対応システムを1パッケージで実現

「Biware JXクライアント(機能限定版)」と「Biware EasyExchange(機能限定版)」をセット収録。EDI通信(JX手順)からメッセージ変換まで、流通BMSに関連する機能を厳選して収録したEDI統合管理パッケージです。

商品概要

通信インフラ(JX手順)からメッセージ変換まで、流通BMSをトータルサポート

「Biware JXクライアント(流通EDI)」は、流通業界のインターネットEDIガイドラインである「流通BMS」に特化したEDI統合管理パッケージです。クライアント/サーバー型(PULL型)の通信方式を採用するJX手順(クライアント側)の通信機能、さらには「発注」「出荷」など流通BMSで規定された業務メッセージのデータ変換機能を収録しています。
流通BMSで必要とされるEDI機能に厳選することで、比較的リーズナブルな価格を実現。現在運用中のEDIシステム(JCA標準)にも最小限の手間や時間でアドオンできる、コストパフォーマンスの高いEDIパッケージです。
Biware JXクライアント(流通EDI)の特長
  • インターネットEDIのJX手順(クライアント)をサポート
  • JX手順の通信ミドルウェアとしても活用可能(API連携)
  • 流通BMSで規定された各種標準メッセージの変換に対応
  • 従来システムとのデータ連携もOK(流通BMS⇔JCA、流通BMS⇔CSV)
  • 各種業務のスケジュール実行やリモート管理に対応
  • ZEDIが規定するJX手順の通信制御/認証機能に対応(オプション)
Biware BACREX手順 オプション

標準機能のJX手順(クライアント)にBACREX手順(クライアント発注型)を追加する通信オプションです。JX手順とBACREX手順の併用システムに最適です。

システム構成


1.インターネットEDI通信「Biware JXクライアント」

  • JX手順により、PULL型方式で各種業務メッセージの集配信を実行します。
  • 月/週/日/時 単位での細かなスケジュール管理/実行が可能。集配信の自動運用を実現できます。
  • ネットワーク上の遠隔PCより集配信の実行管理が可能。柔軟な運用管理に有効です。

2.業務メッセージ相互変換「Biware EasyExchange」

  • 流通BMSの標準メッセージ用変換テンプレートを搭載しています。
  • 業務システムとのデータ連携を実現します(CSV⇔流通BMS)。
  • 既存EDIシステム(JCA 標準)とのデータ連携を実現します(JCA⇔流通BMS)。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
本ソフトウェアは「Biware EasyExchange」です。制限機能の詳細はこちらをご覧ください。

動作環境

注意事項
「Biware JXクライアント(流通EDI)」はクライアントOSのみ対応しています。
サーバーOSでのご使用はできませんのでご注意ください。

Biware JXクライアント(流通EDI)

価格

▲