API連携キット

API連携キット ユーザー様およびご検討中のお客様へ

「API連携キット」をご購入いただいた方、またはお貸し出し中のお客様に専用ページをご用意しております。
お客様のシリアル番号を入力してご覧ください。

概要

「まいと~く FAX Server 7 API連携キット」を購入して、お客様独自のアプリケーションに「FAX送信」の機能を組み込むことができます。 連携方法は、ActiveXコントロールのみとなります。

≪「API連携キット」について≫
お客様が作成されたプログラムから、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を介して「まいと~く FAX Server 7 専用クライアント」を操作するために必要なツールです。「API連携キット」をインストールするときに生成される『キー』ファイルをお客様プログラムと「まいと~く FAX Server 7 専用クライアント」が入ったパソコンに導入することで、「まいと~く FAX Server 7 専用クライアント」のAPI連携機能が利用可能になります。

≪サポートについて≫
インシデント数の範囲で、弊社の技術スタッフがテクニカルサポートをご提供いたします。
サポート方法は、メールのみとなります。

次の事項は、サポートサービスの対象外とします。

  1. システムの設計や運用のコンサルティング、お客様作成プログラムのデバッグやコンサルティングなどのお問い合わせ。
  2. 日本国外からのお問い合わせ、および日本語以外の言語でのお問い合わせ。
  3. 現地でのサポート。

≪アプリケーション作成の前に≫
API連携キットを用いたアプリケーション開発の前に必ず「API連携のポイントと注意」をご覧ください。作成する連携アプリケーションのポイントや注意点を掲載しております。

ご利用イメージ

ご利用イメージ

1. ActiveX機能とは

ActiveX機能とは、任意のアプリケーションからまいと~く FAX Server 7に対し、FAXの送信先などを設定するための機能です。FAX送信する場合、通常は、アプリケーションからの印刷時に表示される[FAX 送信設定]ダイアログで、送信先を設定します。しかし、ActiveX機能を利用することで、[FAX 送信設定]ダイアログで設定する内容を、アプリケーションのマクロから自動的に設定することができます。 ActiveX機能を利用するためには、次の条件が必要です。

  • 使用するアプリケーションにマクロ機能がある。
  • そのマクロでActiveX機能を使用できる。

2. ご利用に必要な知識・技術

ActiveX機能を利用するためには、以下の知識・技術が必要となります。

  • 使用するOSの操作、動作などに関する知識・技術
  • 使用するアプリケーションの操作、動作などに関する知識・技術
  • 使用するアプリケーションのマクロに関する知識・技術
  • まいと~く FAX Server 7 専用クライアントのActiveX機能に関する知識・技術

ここでは、「まいと~く FAX Server 7のActiveX機能」についてのみ説明しています。その他の知識や技術については、それぞれのアプリケーションのマニュアルやヘルプ、および市販の解説書などを参照してください。

3. ActiveXから利用するためのステップ

【ステップ1】 OCX ファイルを登録する。

まいと~く FAX Server 7のActiveX機能は、OCXファイル「McRemote.ocx」、「MfExport.ocx」によって提供されています。そのため、アプリケーションでまいと~く FAX Server 7のActiveX機能を利用するためには、OCXファイルをそのアプリケーションに登録する必要があります。OCXファイルは、まいと~く FAX Server 7 専用クライアントと一緒にインストールされ、Windowsのレジストリに「ActiveXコントロール」として登録されます。登録名は、それぞれ「Mytalk FAX Client Remote ActiveX Control」、「Mytalk FAX Export ActiveX Control」となります。

以下に、Visual Basic2005にOCXファイル「Mytalk FAX Remote ActiveX Control」を登録する方法を説明します。 他のアプリケーションでの登録方法については、それぞれのアプリケーションのマニュアルやヘルプを参照してください。

≪操作≫

  1. [ツールボックス]上で右クリックし[アイテムの選択]を選択します。
  2. [COM コンポーネント]タブで、[Mytalk FAX Remote ActiveX Control] をチェックし、[OK] ボタンをクリックします。
  3. [ツールボックス]に [Mytalk FAX Remote ActiveX Control] コントロールが表示されますので、クリックしてフォーム上に貼り付けます。

これで、まいと~く FAX の ActiveX コントロールが利用できるようになりました。

注意: まいと~く FAXのActiveXは "1 対 1" のアプリケーション間通信のみサポートしています。 そのため、1つのアプリケーションに複数の [Mytalk FAX Remote ActiveX Control] コントロールを貼りつけたり、 複数のアプリケーションで同時に [Mytalk FAX Remote ActiveX Control] コントロールを操作することはできませんので、ご注意ください。


【ステップ2】 データを印刷する。

FAXデータをFAX送信する前に、そのデータを通常使うプリンタへ印刷するプログラムを作成します。FAX送信するデータを、任意のアプリケーションからまいと~く FAX Server 7 専用クライアントに渡すためには、そのデータを、まいと~く FAX Server 7 専用クライアントのプリンタ ドライバ「Mytalk FAX Client」(カラーの場合は「Mytalk FAX Client (COLOR)」)で、「印刷」する必要があります。まいと~く FAX Server 7 専用クライアント自体には、任意の形式(フォーマット)のファイルを直接FAX送信する機能がなく、すべての送信データは、プリンタ ドライバを介して受け取る仕組みになっているためです。

【ステップ3】 プリンタ ドライバを選択する。

この時点でプログラムから「印刷」を行うと、まいと~く FAX Server 7 専用クライアントが自動的に起動し、[FAX 送信設定] ダイアログが表示されますが、このままでは、FAX送信先を設定するために、キーボードからの入力が必要となります。そこで、ActiveX機能を利用して、処理を完全に自動化します。

【ステップ4】 FAX送信先を選択する。

まいと~く FAX Server 7 専用クライアントにFAX送信先を設定するタイミングは、通常は印刷する直前になります。

【ステップ5】 FAX送信の実行。

アプリケーションから「印刷」が実行された時点で、ActiveX機能により、すでに送信先が設定されていれば、まいと~く FAX Server 7 専用クライアントは [FAX 送信設定] ダイアログを表示せずに、FAX送信を行います。
▲
まいと~く Center Hybridへの移行。5大メリット徹底解説!
× 今日は表示しない