Q&A

カテゴリを選択してQ&Aを表示させてください。
購入方法
体験版利用に際して
対応環境
インストール
起動
接続
機能
保守サポートサービス
その他

購入方法

ライセンス数はいくつ必要ですか。

接続元(ゲスト)と接続先(ホスト)の合計端末台数分が必要です。接続元1台と接続先1台の合計2ライセンスが最少構成です。

【例】
情報システム部5名が各自の端末で社員100名の端末をサポート
必要ライセンス数:105

追加購入時のライセンスの考え方はどのようになっていますか。

購入都度のボリュームのライセンス単価が適用されます。保有ライセンス数は累積しません。

【例】
初回に30ライセンスを購入:20~49ライセンスの6,600円(税込7,260円)
追加で15ライセンスを購入:10~19ライセンスの7,000円(税込7,700円)
1台のPCにゲストとホストの両方をインストールする場合、2ライセンスが必要ですか。
1ライセンス(同じシリアル番号)でインストールできます。
パッケージ版、ダウンロード版、ライセンスキー、企業向けライセンスは何が違いますか。
パッケージ版 インストールCD-ROM、マニュアル冊子、ライセンスキーが付属します。
ダウンロード版 インストールプログラム(要ダウンロード)とライセンスキーが付属します。「パッケージ版(1ライセンスパック)」よりも安価です。
ライセンスキー ライセンスキーのみ付属します。「ダウンロード版」よりも安価です。
企業向けライセンス ライセンスキーのみ付属します。「ライセンスキー」よりも安価です。初回購入時はインストールCD-ROMを同時購入してください。
どちらから購入できますか。
パッケージ版 販売店様、家電量販店様、「価格」ページに掲載のオンラインショッピングサイトなど
ダウンロード版 「価格」ページに掲載のオンラインショッピングサイトなど
ライセンスキー 「価格」ページに掲載のオンラインショッピングサイトなど
企業向けライセンス 販売店様
見積をお願いできますか。
ご購入先にご依頼ください。
旧バージョンを所有していますがバージョン14を安価に購入する方法はありますか。
インターコムダイレクトで優待販売しております。優待販売価格を表示するには旧バージョンのユーザー登録が必要です。
インストールCD-ROMだけを後から購入できますか。
1枚3,000円(税込3,300円)でご購入いただけます。

体験版利用に際して

体験版のインストール台数に制限はありますか。
制限はございません。
インターネット接続できません。
インターネット診断を実施のうえインターネット接続ガイドにそったご対応をお願いいたします。
ルーターの設定方法がわかりません。
インターネット接続ガイドをご参照ください。

なお、ルーターの設定画面の開き方や設定項目はメーカー、機種ごとに異なるため弊社ではわかりかねます。
恐れ入りますが、メーカーにお問い合わせくださいますようお願いいたします。その際、下記をお伝えいただくとスムーズです。

--------------------------------
利用したい通信ソフト(LAPLINK 14)は、ルーターでUPnPを有効にするか、ポートフォワーディングを設定する必要があります。
UPnPを有効にする方法を教えてください。
<メーカーより「当該ルーターはUPnP機能を非搭載」と回答の場合>
ポートフォワーディングの設定方法を教えてください。
そのソフト(LAPLINK 14)は、プロトコルはTCP、ポート番号は1547で通信します。
--------------------------------
LAPLINK 14のゲスト画面でポート番号を1547から変更した場合、1547ではなく変更後の値をお伝えください。
体験版に制限事項はありますか。
利用可能期間はインストールから30日間です。接続可能時間は1日につき合計20分間です。
体験版の利用期間を延長できますか。
仕組み上延長できません。恐れ入りますが別端末にインストールしてお試しくださいますようお願いいたします。
体験版から商品版へ切り替えられますか。
切り替えられません。
恐れ入りますが体験版をアンインストール後に商品版のシリアル番号でインストールをお願いいたします。
なお、設定は体験版のアンインストール時に残すことで商品版に引き継げます。
体験版と商品版とで接続可能ですか。
接続可能です。
リモートコントロールやファイル転送の速度が極端に遅かったり接続が切れたりします。
インターネットサービスプロバイダーによっては帯域制限により同じ状況になります。
帯域制限についてはこちらをご覧ください。

対応環境

プロキシサーバー経由のインターネット接続は可能ですか。
できません。
電源OFF、スリープ、画面ロック状態の端末に接続できますか。
電源OFF、スリープ:接続できません
画面ロック:接続できます
インターネット接続でゲスト(接続元)に必要なグローバルIPアドレスは変動タイプでも問題ないですか。
変動タイプでも問題なくインターネット接続をご利用いただけます。
ユーザー権限のアカウントでも利用できますか。
管理者権限のアカウントでインストール後でしたらご利用いただけます。
出先が下記環境の場合でもインターネット接続を開始できますか。
ゲスト(接続元)
Wi-Fi Wi-FiルーターがUPnPまたはポートフォワーディング機能を備えていましたら接続を開始できます。
テザリング 接続を開始できません。
ホテルやカフェのLAN 接続できない可能性があります。(施設によりルーターのUPnPおよびポートフォワーディング機能が無効化されている可能性が高いため)
仮想環境に対応していますか。
対応しておりません。
海外でも利用できますか。
ご利用いただけません。
日本語以外のOSで利用できますか。
ご利用いただけません。

インストール

ゲストとホストのどちらをインストールすればよいですか。
接続元端末にゲスト、接続先端末にホストをインストールします。
1台のPCにゲストとホストの両方をインストールできますか。
インストールできます。
旧バージョンのLAPLINKを残したままLAPLINK 14をインストールできますか。
インストールできません。

起動

ホストプログラム(接続先)のインストールが終わり起動しましたが無反応です。タスクマネージャーではプロセスが動いているようです。
リモートデスクトップ画面上でホストプログラムを起動しようとすると同じ状況になります。恐れ入りますが端末を直接操作して起動してください。
ホストプログラムとリモートデスクトップは同時利用できますか。
ゲストのリモートコントロール画面が黒くなるなど動作が不安定になり、改善のためにOSの再起動などが必要となる場合がございます。

接続

同一ルーター配下の端末同士でインターネット接続できますか。
インターネット接続では接続できません。ネットワーク(LAN)接続をご利用ください。
1台から複数台の端末へ同時に接続できますか。
最多4台まで接続できます。
複数台から1台の端末へ同時に接続できますか。
接続できません。最初に接続した端末が接続を維持します。
旧バージョンのLAPLINKと接続できますか。
バージョン14のゲスト(接続元)からバージョン13のホスト(接続先)へ、バージョン13のゲスト(接続元)からバージョン14のホスト(接続先)へ接続できます。バージョン12以前とは接続できません。

機能

ホスト端末(接続先)の音声をゲスト端末(接続元)で再生できますか。
再生できません。
ホスト側のデータをゲスト側のプリンターに、または、ゲスト側のデータをホスト側のプリンターに出力することは可能ですか。
「プリントリダイレクション」機能により可能です。

保守サポートサービス

パッケージ版、ダウンロード版、ライセンスキーで保守サポートサービスを受けるにはどのようにしたらよいですか。
商品ユーザー登録後に通知されますサポート窓口までご連絡ください。詳細はこちらをご覧ください。
企業向けライセンスで保守サポートサービスを受けるにはどのようにしたらよいですか。
納品物の保守証書のサポート窓口までご連絡ください。

その他

端末の故障やリプレースで別端末にライセンスを移せますか。
故障した端末やリプレース対象の端末からアンインストール後、同じライセンス(シリアル番号)で別端末にインストールすることができます。
▲